【ダイアモンドリーグ2017上海】男子走幅跳の結果。南アフリカのLuvo Mayongaが8m61cmのダイアモンドリーグ大会記録を樹立。

ダイアモンドリーグ上海大会の男子走り幅跳びの結果です。

結果を見ると中国の選手が上位に食い込んでいるように見えます。

最近では中国勢も力をつけてきているようで、日本の走り幅跳びの選手に圧倒的な差を見せつけようとしていますね。

日本も負けてられませんよ。

ただ、一番すごかったのは、南アフリカ共和国 のMANYONGA Luvo選手が8m61cmでダイアモンドリーグの大会記録をつくっちゃいました。すごい。

これは世界陸上ロンドン大会でも楽しみですね。

【ダイアモンドリーグ2017上海】男子走幅跳の結果

順位 名前 結果 備考
1 MANYONGA Luvo RSA 8.61 DLR MR
2 GAO Xinglong CHN 8.22 SB
3 HUANG Changzhou CHN 8.20 PB
4 ZHANG Yaoguang CHN 8.19 PB
5 SAMAAI Rushwal RSA 8.18
6 HENDERSON Jeff USA 8.03
7 LASA Emiliano URU 7.90
8 MOKOENA Godfrey Khotso RSA 7.85 SB

試合の動画

昨年のリオオリンピックの男子走り幅跳びを制したのはアメリカのジェフ・ヘンダーソンでした。

その時の記録は8m38cmだったので、その記録を大きく上回ります。

中国の選手も2,3,4位を独占しているところを見ると、世界陸上北京の際の中国勢が3位〜5位を中国選手で埋め尽くした時と似た状況になりましたね。

もしかすると、今年の世界陸上ロンドン大会でも似たような順位になるかもしれません。

関連記事