今日からダイエットします!プロテインダイエットを1ヶ月続けたらどれだけ身体が引き締まるのか?検証してみる

今日からダイエットを開始します。

その方法とはプロテインを使ったダイエットです。

よくダイエットとは食事制限をしながら運動もしてと言う具合に行うのが普通ですね。

でもよくありがちなダイエットの間違いとして、過度な食事制限をした上で、それに加え+運動をした結果、体調悪くなってダイエット続行不可というオチです。

ぼくはそんな地獄には落ちたくないです。

そう、健康的に痩せたい!

自分のからだ昔と比べ体、ずいぶん太りました。

家に体重計がないので何んとも言えませんが、おそらく大学の時より5キロほど太っているのではないかと思われます。

これはさすがにやばい。将来のこと、男磨きという意味でもダイエットすることをここに宣言します。

とうことで、今日から食事制限やダイエット目的の運動を一ヶ月間継続します。

プロテインダイエットの方法

今回ダイエットで利用するのはプロテインです。いわゆるプロテインダイエットですね。その方法は主に二つります。

  • 1日3食、毎食の食事を300kcal程度に抑えながら、補助としてプロテインを摂取。
  • 1日3食のうち、1食分を完全にプロテインにする

僕は前者の毎食食事制限をしながらも、補助的にプロテインを摂取するという方法でプロテインダイエットに取り組もうと思います。

ちなみに、プロテイン選びのポイントとしてはソイプロテインにすることです。

ソイとは大豆のことで、大豆は体に吸収されるまでに比較的時間がかかるので、満腹感が持続しやすいです。

そのため、あまり間食しにくいというメリットがあります。

また、大豆には摂取すると基礎代謝がアップするので日常生活の運動でも脂肪を燃焼しやすくさせる効果が期待できるのです。

プロテインのメイン成分であるたんぱく質とダイエットの関係性

まず、たんぱく質には大きく分けると2種類2分類できます。

一つは肉や魚、卵などからとれる動物性たんぱく質

大豆、穀物、野菜などに含まれる植物性たんぱく質とで分けることができます。

ここでダイエットに効果的と言われているのが植物性たんぱく質です。

動物性たんぱく質のなにがいいのかというと、動物性たんぱく質よりも脂肪分が少なくヘルシーだからです。

しかも大豆には食物繊維が多く含まれています。

食物繊維は腸内を整える働きをするため、便秘改善が期待でき、お腹のぽっこりの解消すると言われているのです。

なのでダイエットなら植物性たんぱく質が多い大豆に限ります。

脂質はほぼカット、野菜中心の食事

さて、毎食補助的にプロテインを摂取するスタイルのダイエットを行っていくのですが、実はまだ手元にプロテインがありません。

先ほどアマゾンで注文したばかりです。

なので明後日にはプロテインが飲めるわけですが、ダイエット自体は今日から開始しています。

ぼくは 基本的に朝は起きるのが苦手で、朝食は毎朝食べれないので、1日2食となります。

なので、1日2食を炭水化物を少なくした野菜中心の300kcal程度に食事を抑えた食事をしました。

その食事内容は以下の通り。

  • コンビニの大根とわかめ中心のサラダ(付属のごまドレッシング1/3投入)
  • コンビニのなめことわかめと大根中心のサラダ(ポン酢醤油ドレッシング全部かけ)

上記コンビニ食品ですが、とりあえずサラダなので居酒屋で飲むより健康的なはず。だがしかしですが、サラダオンリーの昼食はほんとモノ足りなかった。

ですが、300kcalには抑えられたはず。

夜飯は、昨日焼肉用のお肉を多めに買ってしまっていたので、仕方なく食べることにしました。

おそらく、脂身が普通にあったので、即座にサニーレタスを購入し焼肉とご飯と一緒に食べました。

生のお野菜には酵素が多く含まれていて、脂肪の吸収を抑えてくれる働きを持っているので、太りにくくなるという仕組み担っています。

食事制限はもちろんですが、運動も忘れずにやりますよ!

無酸素運動と有酸素運動をなるべく組み合わせて。

  • プッシュアップを使った深めの腕立て伏せx10
  • 脚上げ腹筋x30
  • スクワットx50
  • 腹斜筋の筋トレ1分を左右

上記を3セットを本日行いました。

これで、ある程度は基礎代謝向上に一役買ったはず。そして上記の運動を40分ほど継続的にやったので、有酸素運動としての役割も果たしたはずです。

プロテインは明後日くらいから摂取し始めますが、食事制限と運動は開始しています。

これか下記画像のようなたるんだ体から、一ヶ月間でどれだけ引き締まったボディを手に入れれるかを検証します!

関連記事