大学生「企業内定したけど、本当にやりたい仕事かわかんないんです」←当たり前

大学生のみなさんは就職活動の真っ只中でしょうか。

最近街を歩いていると、リクルートスーツに身を包んだ大学生っぽい子達が目につくようになってきました。

僕も大学生の時はそんな時代がありました。就職活動の時期にほぼ毎日のようにスーツを着て、マイナビやリクナビなどの合同説明会に参加し、なるべく人事の人に気に入ってもらえるように頑張っていた時期が。

その当時、今もそうですが、「自分のやりたい仕事」というものが特になく、曖昧なまま就活を続けていました。なんとなくやっていたのです。

よく大学生でこういうことを言う人がいますよね。

「企業内定したけど、本当にやりたい仕事かわかんないんです」って言っている人が。

大学生なんてまだまだ子供です。会社に勤めながら大学に通っている人もいるようですが、まだ社会経験がない人がほとんどで、「今後自分の人生において軸になるやりたいこと」的な考えが全然固まっていない人ばかりです。

僕もそうでしたし。てか今もそうです(最近ちょっと焦ってる)。

ぼくは今年4月で社会人4年目に突入しますが、未だにやりたいことが定まっておらず、今を生きているような感じです。そんな僕ですらそうなのに、大学生の時点で明確に「将来目標があって」、「やりたいこと」があるという人がいたらむしろ驚きです。

スポンサードリンク

「絶対に就職失敗したくない」完璧主義がもつ落とし穴

僕の就活時代の前半もそうでしたが、よく就活に完璧を求める人がいます。

「絶対就職活動失敗したくないんです!」「自分の納得いくまで就活やりたいんです!」って言っている人がいます。

失敗したくない気持ちはすごくわかります。

ブラック企業とかニュースになったりしてますし、そういう評判の悪い企業に勤めたくないし、自分のやりたいことができる企業に勤めたいという気持ちもわかります。

しかし、そもそも就職活動の正解なんて誰にもわからないし、その企業が自分のやりたいことができる企業かも入社してみないとわかりません。

はっきり言ってしまうと、そんな就職活動の世界に完璧を求めることは間違っています。完璧を追い求めたらキリがないので、いつまでも就活を続ける羽目にもなります。

僕の大学の後輩に、大学4年生の卒業ギリギリで就職内定した人がいます。しかし、彼は「納得いくまで就職活動をやりたい」といって就職浪人になった者がいました。

就職活動に理想を追い求めすぎると就職が内定しても満足できず、より理想が高くなってしまう悪循環にはまってしまいます。

自分のやりたいことは社会人になってから分かるもの

先ほど、学生のうちに人生の軸になるほどの、やりたいことを見つけることは難しいみたいなお話をしましたね。

人生の大半は仕事です。大学を22歳で卒業して60歳で働くのが人生と考えたら、38年間を仕事をやり続けることになります。

そう考えると、そのやりたい仕事を大学4年間という短い期間で見つけるなんて困難なんです。やりたいことが見つけられる人は中にはいますが、ごく少数。

ということは自分のやりたいこと、自分に合う仕事は社会に出てからしか気づけないということです。

ぼくも先日25歳になって将来のことを本格的に考えるようになりました。今ついている仕事で本当にいいのか?もっと今より適正な仕事があるんじゃないか?とかいろいろ考えます。

とりあえず3年。

こんな言葉がありますが、別にそれに縛られなくてもいいでしょう。就職して3年という期間はやりたいことを見つける一つの目安になるかもしれませんが、何も考えず3年を過ぎ去るのを待つのは、非常に時間がもったいないことです。

よく社会に出る前に、学生の間にやっておいた方がいいことってありますか?的な質問がありますね。

それにお答えすると、学生の間はいくら失敗しても取り返しがききます。よく社会人の人でこういうことを言う人がいます。

「あいつ学生だから安く使ってやろう」っていう人が。しかしこれは学生側からすると逆手に取ることができて、「学生なんでテヘッ」って言えばなんとかなるんですよ。

それは学生に責任を負わせることはできませんから。どんどんいろんなものに手を出していって、自分のやりたいことを見つけるための経験をしておくといいと思います。

大学生というのは今後の人生で絶対ないと言っていいほど、自分のやりたいことを十分に注げるだけの時間が有り余っている時期です。

しかも大学にはそれぞれの学問で社会に認められた社会人の先輩である教授の方々がいます。

なので大学生は、そいういうふうに色々と将来に役立てられる知識や経験を吸収できる環境の中でできるだけ成長し、就職活動時にいろんな企業から内定をゲットできるようにしましょう!