SEO対策とは?


SEO
対策とは検索エンジン上で自分のサイトを上位に上げるための対策のことです。対策には大きく分けて内部対策と外部対策があります。

簡単に説明すると内部対策とはサイト内のコンテンツをユーザーにとって魅力的にする施策です。一方で外部対策とはその内部対策したコンテンツがよりユーザーの支持を得るためにサイトの外で施策を打つことになります。

SEO対策で一番大事なのはどんなユーザーにきてほしいかを考えてキーワードを選定して、それに合わせた記事を書いていくことです。

ユーザーが求めている情報はなんなのかを考えて、そのユーザーにマッチした情報を提供してあげることが必要です。

今回はそのユーザーの目線という視点から考えてサイト作りをすることがいかに重要なのかを説明していきたいと思います。

まず、Googleホームページに記載されている「Googleが掲げる10の事実」の中にその答えは隠されています。

Googleホームページ

 

こちらの文章をご覧下さい《下、Googleページより抜粋》。

“Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきましたGoogle のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています

上記の下線部を見ていただければ分かるとおり、Googleが大事にしているのは「ユーザー」です。

Googleはユーザーを大事にしている、ユーザーの求めている情報を適切に提供しているサイトを好んで上位に上げてくれることになります。

逆に上記の「Googleが掲げる10の事実」の内容に反するような行為、つまりユーザーの求めていない情報を提供しているサイトは重要ではないと判断し順位を下げていることになります。

この世の中にはSEO対策に関する様々なテクニックやブラックハットSEO(悪質なSEO対策)がありますが、Googleはペンギンアップデートやパンダアップデートによりそれらを見抜きペナルティをかします。

何が言いたいのかというと、どんな小手先のテクニックを使おうとも最後に勝つのは本当にユーザーの求めている情報を適切に提供しているサイトに限るのです。

そのため記事を作成する際に常に心に留めておいて欲しいことは「ユーザー」です。 

 

 

 

関連記事