内部対策の説明と具体的なやり方


 

 内部リンクについて

検索エンジンの評価としてサイト内のリンクの数が多ければ多いほど評価を高くする傾向があります。リンクには『テキストリンク』と『画像リンク』があり、検索エンジンが順位の決定において評価がしやすいリンクとしては『テキストリンク』となります。なぜならばクローラーが巡回するときにテキスト情報の方が理解しやすいからです。

内部リンクの方法としては記事を作成していく中で別の記事と関連するような内容があればリンクでつなげていきましょう。注意していただきたいのはリンクするアンカーテキスト同士において、関連性の薄いような文言や内容を無暗やたらにリンクさせることはやめましょう。しっかりと関連性を意識していくことが大事です。

『画像リンク』について、ページのデザインなどの都合でどうしても画像でなければいけない場合はHTMLタグである『alt』属性にキーワードを含めることでクローラーにその画像がどういったものなのかを伝えることができるので一度試してみてはいかがでしょうか。

是非やっておいてほしいパンくずリスト作成

パンくずリストとは?

下の図のようなユーザーがサイト内において自分がいったいどこのページにいるのかをひと目で理解できるようにしたリンクです。

ちなみに「パンくずリスト」という名前は、童話『ヘンゼルとグレーテル』で、主人公が森で迷子にならないように通り道にパンくずを置いていった、というエピソードに由来します。

実はこれは人間が理解しやすいだけではなく、内部対策としても効果があるのです。なぜならばサイトを巡回していく中で、トップページから深い階層のページへと閲覧していけばいくほどサイト内で迷子になってしまい、求めている情報が見つけにくくなってしまいます。パンくずリストはそんな迷子になっているユーザーを助けるような仕組みのため、ユーザーにとって非常に利便性が高いものなのです。

サイト構造を正しく伝える
パンくずリストはクローラーにサイト構造を伝えるための手段としても有効であるともいわれています。トップページから下層ページまでのカテゴリが段々と細かくなっていくような流れの構造をしっかりと設定することでより内部対策としての効果を発揮することでしょう。 

コンテンツ内部から上位表示を狙うページにリンクを送る

ページコンテンツのテキストや画像に直接リンクを設置して、サイト内の別ページへリンクを送ります。これによってユーザビリティーが高まるのと同時に、リンクを受けるページのSEOが強化されます。

 

これらの内部リンク対策を意識して行うことで検索エンジンからの評価も上がりやすくなることでしょう。是非お試しください。 

 

関連記事