キーワードの出現率5~10%がSEOに有利


SEOでは1記事内に出てくるメインとなるキーワードの出現率を最適化することが大切です。

 
記事内に狙ったキーワードを入れ、出現率を高める
各記事で上位表示させたいキーワードをたくさんちりばめることで検索エンジンにそのキーワードをアピールします。多すぎるとスパム行為と判断されてしまう可能性が出てくるので気をつけましょう。妥当な範囲として5%~10%のキーワード出現率を確保しておきたいところです。その範囲より低ければSEOとしてはあまり意味がなく、その範囲より多ければ過剰なキーワードの入れ込みと判断される可能性があります。
Googleはテキスト情報のみ認識する
キーワード出現率においてより効果的なSEOを実施するためには記事内とHTML内にキーワードを入れ込むことをおすすめします。Googleは検索エンジンにインデックスする際、サイト情報を読み込むことをしますが、その読み込む情報はテキストのみになります。
画像や動画のデータに関してはファイル名やタグなどで間接的に読み込みをしているだけです。なので画像や動画を入れるときはしっかりとキーワードを入れたほうがクローラーにどんなページなのかをより認識しやすくなります。
他の読み込み方法として画像にHTMLの属性である「alt」を使用しているそうですが、ユーザーから見て「alt」は属性は目に触れる機会があまりありません。そのことを利用して「alt」属性にキーワードを大量に詰め込むスパムとして利用されてきた経緯があることからSEOの効果は薄めです。
 
 
キーワードの入れ方
狙ったキーワードを入れ込むやり方としてやっていただきたいことは、前提として<title>タグに記述したキーワードを記事内に5%~10%の範囲で入れるようにしてください。さらに複合キーワードも含めることで、その複合キーワードでの上位表示がしやすくなります。
画像や広告を多用しているサイト
たまにページ内にテキストが少なく、やたらと広告や画像が貼り付けてあるサイトを見かけますが、こうしたサイトはGoogleの評価は低いので上位表示するのは厳しいでしょう。先にもお話しましたが検索エンジンが認識する情報はテキストしかありません。
ではSEOの効果としてどのくらいの文章量を書くのがいいのか疑問に思う人もいると思います。ロングテール戦略でいろいろなキーワードで上位表示をしたいのであれば1ページ1000文字以上書く方がいいでしょう。
ページのキーワードの出現率を調整する
先に述べたようにキーワードの出現率は5%~10%が理想的であるとお伝えしました。
例を挙げると
 
上位表示を狙うキーワードが「ダイエット」「方法」であるならば、<title>タグにも「ダイエット」「方法」をいれます。そして記事内で「ダイエット」「方法」のキーワードの出現率を5%~10%におさめるようにします。
簡単にキーワード出現率がわかる方法
わざわざ自分で計算してキーワードの出現率を算出するのはメンドくさいほかなりませんです。そんなことする人はいないと思いますが。
つきましては簡単にキーワードの出現率を把握できるツールがあるのでご紹介します。
 
ここで紹介する「SEO高屋」というキーワードの出現率チェックツールですが、チェックしたサイトのURLを入力するだけでシステムが自動的にキーワードを抜き出し、キーワードの出現率を計算してくれるとても便利なツールです。下記にそのリンクを貼っておきますのでぜひ試してみてください。
 
■SEO高屋