【超重要】ペンギンアップデートの恐ろしさを解説!


ペンギンアップデートの画像

 

こんにちはWEBマーケッター@TATSUYAです。今回ご紹介する内容はペンギンアップデートということですが、以前書いた記事ではパンダの方を紹介し、後々ペンギンを紹介しますよーという内容を書いていました。そして今回は満を持してパンダアップデートの記事を書きます!さあ、それではペンギンアップデートを丸裸にしちゃいます。
  ペンギンアップデートとは?
まず、ペンギンアップデートをよく知らない方のためにペンギンアップデートの概要を説明します。
ペンギンアップデートとはGoogleのガイドラインに著しく違反しているサイトに対してペナルティを課すなど、不正なSEO対策をしているサイトを対象としたアルゴリズムの変更です。つまり、卑怯な手で検索順位をあげようとしているサイトはユーザーにとって有害なので、それを排除しようという目的で実施されているアップデートです。
最初に実施されたペンギンアップデートは2012年4月24日に起こっています。このアップデートはなかなか影響力が強く、英語環境のサイトにおいては検索クエリの3%に何らかの影響が出ています。
■過去のペンギンアップデート一覧
 
(ペンギンアイコン) 2012/4/24  ⇒  ペンギンアップデート1.0
(ペンギンアイコン) 2012/5/25  ⇒  ペンギンアップデート1.1
(ペンギンアイコン) 2012/10/5  ⇒  ペンギンアップデート1.2
(ペンギンアイコン) 2013/5/22  ⇒  ペンギンアップデート2.0
(ペンギンアイコン) 2013/10/4  ⇒  ペンギンアップデート2.1
(ペンギンアイコン) 2014/10/17   ⇒  ペンギンアップデート3.0
 
上記のようにペンギンアップデートはいままでに6回確認がとれていますが、Googleのスポークスマンという人は、次のようにペンギンアップデートの更新時期については今後確認しづらくなるだろうと語っています。
 
“That last big update is still rolling out — though really there won’t be a particularly distinct end-point to the activity.”
 
日本語訳:大きな最新のアップデートは未だに続いていています。しかし、実際に特にこのアップデートに関しての明確な区切りは見つけられなくなるでしょう。
引用元
 
 
またこのペンギンアップデートは今まで手動で行われてきましたが、今後自動で更新されるようになることが明らかになってきているようです。
  どんなサイトがペンギンアップデートの餌食になるのか

先ほどもお伝えしましたが、ペンギンアップデートの対象になるのはGoogleガイドラインに違反したサイトです。特にインパクトの大きいのは不正な被リンク対策を実施しているサイトです。

こうしたサイトは順位落下の可能性がはらんでいます。そのほかにペンギンアップデートの対象になりうるサイトの特徴をまとめましたので、自身のサイトが該当していないかチェックをしておきましょう。

 
 
■ほかのサイトのコンテンツを複製して、少し加工しただけのサイト

■順位を上げる目的だけのサイト

■自動でリンクを増やすようなプログラムがあるサイト
(中小検索エンジンなどで見られる簡単にURLが登録ができて、事前審査もなく内容がないお粗末なサイトがそう)

■ブログにあるコメントリンク
 
 
以上のようなサイトはペンギンアップデートさんの餌食になってしまう可能性が十分にあります。上記の内容に該当しそうなサイトを運用しているようであれば、今すぐ自身のSEO対策を見直すべきでしょう!
 
  被リンクについての最近の傾向
ペンギンアップデートというのは言い換えれば、サイトの定期検診です。主に質の悪い被リンクを多く取得しているような不健康なサイトをチェックするためのアルゴリズム変動とも言えます。
この定期検診以外でも、実はGoogleは不正な被リンクがないかどうかを監視しています。なので長い間サイトを運用していると質の悪い被リンクが貼っ付いている場合が時々ありますので、定期的に自身のサイトの被リンクチェックをおすすめします。