独自ドメインと無料ブログのドメインはどっちがメリットがあるのか?


ドメインの取得は一般的にFC2やlivedoorのような無料ブログサービスを利用して取得しますが、SEOの観点からは独自ドメインを取得した方が長期運営において有利に働きます。今回は主に独自ドメインにスポットライトを当ててSEO的にどう有利なのかをお話いていこうと思います。

  独自ドメインのメリット
ぶっちゃけ独自ドメインのSEO効果については色んな意見があり賛否両論です。私は有利であると考えています。最近では独自ドメインに関する意見の対立はなくなってきているので独自ドメインのほうが有利であるという認識が広まってきていると感じています。
独自ドメインの一番良いところはサイトをすべて自分で管理できる点にあると思います。独自ドメインでサイトをつくる場合、無料ブログサービスと違って自分でサーバを用意する必要があり少し手間がかかります。ですが、このことは非常に重要なことでGoogleは独自性があるサイトに関して評価を上げる傾向があり、ドメインについても同じことがいえます。また無料ブログの場合はブログサービスを提供している会社がサービスをやめてしまった、あるいは会社自体がなくなってしまった場合には大変なことが起きます。今まで自分が築き上げてきたサイトコンテンツ、ドメインの運営期間におけるSEO効果などがすべて失われてしまうことになるのです。
独自ドメインで運用意していればそんな心配はなくなるわけです。

  ドメイン取得にかかるお金

独自ドメインのお値段ですが .com や .net などの gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)と呼ばれるものは年額1500円前後で取得できます。 .jp という ccTLD(カントリーコードトップレベルドメイン)は年額3000円とお手ごろ価格で取得可能です。
info や .biz .org のような人気のないドメインであれば年間100円で取得できるものもたくさんあります。
 
  知らぬ間にとばっちりを受けなくて済む
独自ドメインで作られたサイトは自分だけのオリジナルコンテンツとみなされるので検索エンジンからの評価は直に自分のサイトが受けます。しかし、無料ブログの場合の評価だと、他にその無料ブログサービスを利用している人達が検索エンジンから何らかのペナルティを受けて検索順位が下がってしまった時には自分のサイトまでがその影響を受けてしまうことがあります。独自ドメインを取得していればそのようなリスクはありません。
  無料ブログがSEO的に良いとされている意見
一方で無料ブログがSEO的にいいとされている意見もあるようなのでその意見についても触れておきましょう。
 
無料ブログサービスのいいところというのはまず、なんといっても簡単にブログを始められるところにあります。SEO的な観点から言うと例えば、アメーバブログやfc2ブログのようなサイトに強大な集客力がある点が独自ドメインよりSEO効果があるのではないかと言われている点です。つまり既に大きな集客力を持っているブログサービスでブログを始めれば独自ドメインと比べてアクセスを集める努力が少なくて済むという考え方です。
 
ブログは長期間にわたって運用するものであると思っているので独自ドメインで運用する方が個人的にはおすすめではあります。長期で運用するにはなぜ独自ドメインがいいのかというと、SEO的にオリジナルドメインを取得してから期間が長ければば長いほど効果があるとされているからです。
 

 

関連記事