【書評:走りながら考える】為末大さん著者の「走りながら考える」が衝撃的内容だった件

今回は私の好きな本をご紹介しようと思います。

「走りながら考える」という本を読みました。この本は元400mHの日本記録保持者である著者が自らの陸上人生から見出した、一度きりの人生をより良く生きる方法について紹介した本です。

なんで「走りながら考える」をチョイスしたかというと、私は趣味が陸上競技で体を動かすのがとても好きな人だからです。特にこの本の著者である為末大さんは好きな陸上選手の一人だったので、一度読んでみたいと思った一冊だったんです。

スポンサードリンク

アスリートらしからぬ考え方

私はこの「走りながら考える」を読んですごく驚いています。そもそもこの本の著者である為末大さんは世界陸上400mHで2回銅メダリストを取ったすごい選手です。世の中の評価としては世界大会でメダルをとったような人は天才だと思われます。

今までの人生においても自分の思い通りに数々の成功を掴んできたと賞賛されるのがほとんどです。この人の場合は違います。私はこの人ほど冷静な考えを持ったアスリートは初めてみました。

だから驚いたし、衝撃を受けました。大抵のアスリートは情熱的で、「諦めなければ夢は叶う」的な信念を持った人がほとんどのような気がしますが、この人自身、400mHという競技で戦っていこうという選択自体が諦めがあった上での決心です。

なので諦めることはむしろポジティブなこと
で自分の人生をよりいいものにする選択であると自らの経験を基に語っています。

限界を知ることで成長する

本の内容を要約すると

努力すれば必ず成功するものではなく、努力しても失敗するときはするのである。頑張れば夢は叶う。この言葉の意味を考えると、夢が叶わなかった人は頑張っていないことになる。最初のうちはこの言葉を糧にして頑張れるが、そのうち頑張ってもどうにもならない次元が見えてくる。これが現実である。この現実とどう向き合うかによって人生は変わる。

いくら努力しても才能のある人には勝てないし、頑張っても手に入らないことがある。自分の限界を知り、身の丈にあった目標設定をすることが自分の力を最大限に発揮する上で重要である。

「諦めなければ夢は叶う」は結果論なので時には諦めるということも大切なのだ。諦めて別の道を進むことでより良い人生を送ることができるかもしれないからである。

以上がこの本の中のポイントです。まずこの本で一番強調しているところは「限界」
です。冷静に考えれば人はそもそも限界がある生き物です。限界を感じ取れる生き物です。自分のキャパ以上のことをやっても空回りするだけですよね。

スポーツの世界おいてもトレーニング効果の出やすい練習量というものがあります。それを無視して大量の練習をすることは、疲労がたまりすぎるのでトレーニングとしては意味がなくなりますし、ケガの可能性も高まります。

仕事においても単純なところでいうと、振られた仕事が自分の能力以上の力が必要な内容だったとします。もちろんそのまま限界を無視するように仕事を引き受けてしまえばミスにつながってしまいます。結果的に仕事仲間にもお客さんにも迷惑になり失敗で終わりますよね。正直そっくりそのままの経験を私はしています笑(笑い事じゃないけど)

なので本を読んでいて「限界を考える」というところが非常に共感を受けました。

つまらないプライドは捨てろ

もう一つ共感できるポイントがおもしろいと思ったので紹介します。要約するとしたのようになります。

自分が成長するにはプライドを捨て、失敗することが成功への鍵。失敗を恐れて成功の見込みのあることしかしなくなったら一向に成長は見込めない。余裕を持つことが大事。別に失敗しても次があるんだくらいの気持ちでやれば成功しやすい。まさに失敗は成功のもとなのである。
人は誰しもプライドってもんがありますよね。私の場合は人に嫌われたくないというのが一番のプライドです。だって嫌われない方が安心で幸せじゃないですか。わかる方いますよね?

でもこの本を読み終わってからその考えがガラリと変わってきています。それは人に嫌われた方が成長できる
ってことです。そもそも人それぞれには好みがありますよね。嫌われないために気を使って自分を抑えることを誰もがやったことがあると思います。そうやって人の目を気にすることによって行動範囲が狭くなり成長の機会を失っていることになります。

会社だと部長や課長って多くの場合仕事ができるから昇進したわけですよね。

でもそういう上司の人って悲しいことですが嫌われている方が多いと思います。なぜかというと出来る人ほど周りを気にしないからです。純粋に自分の成長のための行動が出来るのです。そういうことをこの「走りながら考える」から教えられました。

おわりに

今回は本の一部の内容を紹介しましたが他にも共感できること、そして人生のためになることがまだまだ沢山書かれています。正直この本の内容は23歳の私でももっと早く読んでおきたいと感じました。

10代とか若い人が読むと今後に大いに役に立つと思います。人生の選択で行き詰まっている方や将来のことで悩んでいる人には心にグサりと刺さる内容になっています。気になった方は是非読んでみてはいかがでしょうか。