男子200m決勝|【ボルト】【ガトリン】に注目!【世界陸上北京2015】

昨日男子200m準決勝が行われましたね。日本のサニブラウン選手は残念ながら敗退となってしまいました。しかし、まだ16歳なのであせる必要はありません。彼の陸上人生はまだまだこれからです。

さて、いよいよ今夜は21:50頃より世界陸上北京の男子200m決勝が行われます。

 

それでは注目すべき選手、見どころを紹介して行こうと思います。

 
ウサインボルト
準決勝では予選第3組において19秒95の1着でフィニッシュしました。もちろんさいごは流し気味でゴールしました。強い選手だからこそできる決勝に向けての体力温存作戦です。100m決勝ではガトリン選手に0.01秒差で競り勝つという結果となり、決して余裕の優勝とはいきませんでした。
 
しかし、もともとボルト選手の専門種目は200mです。17歳で世界ジュニア記録を樹立してから世界にボルト選手の名が広がっていった経緯があります。そこからご存知のお通り19秒19という世界記録を打ち立てました。
 
このように200mが本業であるボルト選手はレースの後半でのスピードを維持する能力が抜きんでています。世界王者としての力を発揮し、見事優勝を奪っていくでしょう。
 
 
ジャスティンガトリン
今大会、予選では19秒87の全体トップで決勝を迎えることとなるガトリン選手。ドーピングの処分を食らってから、くじけずに絶え間ない努力をしてここまで這い上がってきました。
 
今年に入って200mで19秒68を記録していることから調子はかなりいい状態だとうかがえます。決勝ではボルト選手との一騎打ちでいい勝負を繰り広げることでしょう。