世界陸上北京男子5000m決勝|注目は【モハメド・ファラー】と【ハゴス・ゲブリウェト】

今夜、世界陸上男子5000m決勝が行われます。決勝に登場する選手は今大会大注目のモハメド・ファラー選手です。ファラー選手は前回の世界陸上モスクワにおいて、5000mと10000mの二冠を達成した超人選手です。今回の北京大会でも二冠の期待がかかっています。 

TBSの紹介でも超人BIG8の一人として紹介されているほど世の中から期待の声が集まっているほどです。それではタイトルに書かれている選手を紹介していこうと思います。

モハメド・ファラー】

ファラー選手はイギリス代表として出場していますが、実はソマリア出身で内戦をによってイギリスに移住した経歴があります。そんなファラー選手は今まで誰も成し遂げられなかったことに挑戦します。それは二大会連続の5000m、10000mの二冠達成です。今夜の5000m決勝では金メダルを獲得し、見事二冠を達成することができるのでしょうか。

■ファラー選手の強み
ファラー選手の強みはレース最後のダッシュ力の速さにあります。あれだけ長い距離を走っているにもかかわらず驚異的な速さをもって選手たちを翻弄させます。ファラー選手の最後のラストスパートは見逃せません。

【ハゴス・ゲブリウェト】

エチオピアのまだ21歳と若いハゴス・ゲブリウェト選手です。この選手も力を持っています。18歳のときに5000m世界ジュニア記録となる12分47秒を記録しているのです。

前回の世界陸上モスクワ大会では5000mでファラー選手に次いで2位に入っており、しかもその差は0.28秒です。もすぐで勝てそうだったレースでしたが、ファラー選手の強みである強力なダッシュ力に負けてしまったのです。

しかし、まだ21歳という若さです。同じエチオピアの英雄、ケネニサ・ベケレ選手が持っている12分37秒という世界記録にあと10秒という位置まで来ています。

若さと非常にいい記録を持っているという点から、今後世界記録を期待してしまいます。