【動画あり】マリヤ・クチナが「201cm」でダイヤモンドリーグ第15戦(9/12)女子走高跳を制す

昨日(9/12)のダイヤモンドリーグ第15戦で世界陸上北京大会の女子走高跳金メダリストであるマリヤ・クチナ選手が201cmの記録で優勝しました。

結果は以下の通りです。


2位には同じロシアのアンナ・チチュロア選手が1m97cmという記録を残しています。

クチナ選手は先月の世界陸上北京大会でも全く同じの201mという記録を残しています。とても安定した跳躍ができていることがわかります。下にクチナ選手が優勝したダイヤモンドリーグ第15戦のハイライト動画を貼っておきます。

相変わらずの美しい跳躍とその美貌にも注目です。