Apple、iPad Proを11月より発売予定。従来のiPadと何が違うのか?

さきほど、アップルのサイトを見て気づいたんですが新しいiPadが11月にリリースされるようですね。気づきませんでした。

 
名前は「iPad Pro」
 
色々とグレードアップされたようなので、ぼくの気になった点をお伝えしようと思います。
 
 
  Apple史上最も美しいディスプレイ
今回、iPad Proには最高の美しいさを目指すためにRetinaディスプレイを搭載しています。画面の中には560万ピクセルという解像度を実現していて、iOSの中では史上最高の解像度になるのだそうです。。
 
 
  ディスプレイの反応の良さが向上

Multi-Touchサブシステムという2種類のタッチ方式に対応するように設計されているようです。

どういうことかというと、指とApple Pencilというもので操作ができるみたいです。

 

・Apple Pencilとは?

より高精細な動きを現実のものにするために、Appleは今回のiPad Pro用に専用のタッチペンを開発しています。このペンはとても高性能な仕上がりになっているんだとか。


どんなことができるかというと、万年筆や水彩画の筆で絵を描くようなより細かい作業ができるようになるといいます。

 

Apple Pencilに搭載された圧力センサーや傾斜センサーによってペンの押す強さや角度を正確に読み取ります。
自分の想像通りの絵や文字の表現が可能になります。

 

価格については調べたのですが、情報が見つかりませんでした。ぼくのリサーチ力が低いからでしょうか?ドル単位だと799ドルの価格だそうです。

 

ディスプレイの大きさについてはとにかくでかい。12.9インチです。

ipad air 2が9.7インチなので、それを考えるとかなり大きくなったことがわかります。


本体の寸法でいうと高さ307.7mm、幅220.6mmというデカさです。560万ピクセルという美しさとサイズアップした
仕様の変化により、動画視聴や作業がさらにはかどることでしょう。

 

やはり今回11月に発売開始される「iPad Pro」の一番大きな変化といえば大きさです。画面が大きく精彩になった分、電車や車などの移動中に見る動画がより鮮明に見れますね。

関連記事