【ナイキ フライニット レーサー】素足のような軽い履き心地|スピードを追及するランナー向け

今回ご紹介するナイキのランニングシューズ「ナイキ フライニット レーサー」の一番の特徴は「軽さ」にあります。

 

この軽さによって走る上で様々な効果をもたらします。このはだしのような軽い感覚の履き心地の理由にナイキ独自開発技術である「Flyknit テクノロジー」があるからです。今回は「ナイキ フライニット レーサー」の軽量化に成功した理由について説明していきます。

スポンサードリンク

とにかく軽い

冒頭でも説明したように「ナイキ フライニット レーサー」はとても軽いです。

重さはたったの「160g

その軽さの理由はアッパー部分(足の甲に接する部分)に施された「Nike Flyknit」による技術の賜物です。その「Nike Flyknit」という技術がシューズの軽量化を生み出している秘密を説明します。

Nike Flyknit の技術が誕生したきっかけ

ナイキのランニングシューズを利用するユーザーから裸足のような履いていることに気づかないほどの感覚のランニングシューズができないものかという相談を受けたそうです。

そこでナイキはこの「裸足のような感覚のランニングシューズ」の開発にに向けて専用の研究開発チームまで作り、4年の歳月を経て完成させました。

完成したランニングシューズはたった一枚層のニット素材でサポート力、柔軟性、通気性を両立させた仕上がりとなりました。アッパー部分がたった一枚のニット素材なゆえに、非常に軽いシューズとなっています。さらに「羽のようにぴったりとフィットしたシューズ」が出来上がりとなりました。

まさにユーザーの声に耳を傾け、それを実現するというナイキの努力を受け継いだランニングシューズ。

それが今回紹介している「ナイキ フライニット レーサー」です。

他にNike Flyknitの技術を採用しているランニングシューズを紹介した記事も書いているので、興味があれば以下にて、ご覧ください。
【ナイキ フリー RN モーション フライニット】履き心地の良さと動きやすさで選ぶなら最適のランニングシューズ

サポートする部分を絞り、軽量で高いホールド感

上でもお伝えしたように軽量化に最も貢献した部分がアッパーです。このアッパー部分に施された軽量化を成功させたナイキテクノロジーがもう一つあります。

その名前は「Nike Flywire」です。この技術は軽量化を実現するために、薄い素材でありながらも強靭なホールド性を発揮しているのです。

具体的な理由を説明します。

Nike Flywireとは?強固なサポート力の理由

「Nike Flywire」とはナイキ独自開発のシューズ製作技術の一つです。この技術は軽量化のために薄い素材を使用しつつも、強いサポート力を高めることに成功しています。

その理由はアッパー部分に施された強靭な繊維にあります。ナイキが独自で編み出した絶妙なバランスで繊維を配置させることによって、吊り橋の効果を実現しています。

考えてみてください。吊り橋は衝撃を橋自身が揺れることによって吸収し、重い橋を支えています。

「Nike Flywire」もほぼ同じ効果を発揮しています。それは足の動きに合わせてシューズ内部が伸縮し、強力なフィット感を生み出します。

薄くて軽いこの「ナイキ フライニット レーサー」。

でも強力なフィット感のあるランニングシューズ。

履き心地を重視する人は絶対手に入れるべきです。

【商品詳細】 
価格:15,984円
重さ:160g (メンズサイズ28cm)
カラー:ブライトシトラス/ブルーラグーン/レーザーオレンジ/ブラック