【ナイキ フリー RN ディスタンス】自由な動きを可能にした快適な履き心地をあなたに。

今回、ランニングシューズについて調べたことをレポートとしたいと思います。

紹介するランニングシューズは「ナイキ フリー RN ディスタンス」。このランニングシューズは「自由な動き」「快適な履き心地」を求めている人には最適なシューズであると感じました。

リサーチをしてそう思いました。ではご紹介していきます。

スポンサードリンク

思い通りの走りを

スムーズなランニングを可能にするためNatural-motion(ナチュラルモーション)がアウトソール(靴の底)に施されています。

Natural-motion(ナチュラルモーション)とは本来の自然な足の動きに合わせて設計されているもので、無駄のない走りを目指す人には最適な仕様となっています。

さらに、どんな方向でも動きやすい構造に。理由はアウトソールに六角形の溝がデザインされているからです。
これは走るたびに6ヶ所ある湾曲部分が大きく開き、自身の走りにおいて自由な走り、つまり「走りやすい感覚」にとらわれることでしょう。

長時間のランニングにも対応

長時間のランニングにおいて、常に快適さのあるシューズはとても魅力的でしょう。そう考える人は少なくないと思います。「ナイキ フリー RN ディスタンス」ではそれを可能にします。なぜかというと、Lunarlonクッションと呼ばれるシステムをNikeが独自で開発したからです。

Lunarlonクッションとはランニングシューズの内面に柔らかくも弾力性のある素材を使用した快適に走るために開発されたアイディアです。この柔らかくも弾力性のあるという事実。一見、この矛盾した関係は、Nikeならではの技術によるものです。

非常に軽く、衝撃が足の裏全体に等しく分散されるため、足の衝撃の軽減にも役立ちます。足の衝撃が軽減することはアスリートにとって怪我のリスクが減らせるわけですからメリット十分といえるでしょう。それだけでも価値があるランニングシューズへと仕上がっています。

常に涼しげな履き心地

まず、単層のニット生地のアッパー部分(靴底以外の部分)が常に涼しい履き心地を演出してくれます。

ブレない走りを実現するためにも工夫が施されています。それはFlywireケーブ(Flywireケーブルの詳しい記述はコチラ)がシュ―レース(靴ひも)と一体となることで足全体を包み込み、優れたサポート性とフィット感を得られます。

「ナイキ フリー RN ディスタンス」ではスポーツにおいて激しい動きを想定しています。Nike独自の技術であるFlywireケーブルが活躍し、ブレない安定感のある走りへと自分を変えてくれるはずです。

そのことをNike自身も願っていることでしょう。