あなたの仕事、作業になってない?充実した成果を出すにはインプットとアウトプットのバランスが大事。

みなさんこんにちは。

僕は仕事上、アウトプット(作業)ばかりが多い気がします。

去年の年末なんかは特にそうでした。来年に持ち越してはならない仕事が溜り、大忙しな時間が多かったからです。みなさんはそういう忙しい時はどういうふうに生活していますか?

きっと、仕事が忙しいしお休みの日はゆっくりだらだらしている人が多いと思います。

仕事はアウトプット(作業)ばかり、お休みは疲れたから家にいるだけで何もしない。そんなふうなインプット(何も取り入れない)のない生活をしているのはあまりよくない気がしてなりません。

そう、ときには意識してインプットをしなければ充実した日々が送れないんじゃないかと思っています。今回はそんな日々の生活におけるインプット(入力)、アウトプット(出力)についてお話していきます。

スポンサードリンク

アウトプット(作業)な仕事が続くと脳が乾く

皆さんはインプット、アウトプットと聞くとどういうことをイメージするでしょうか?中にはすごく大変なようなことを想像する人もいるかもしれません。しかし、別にそんなことはありません。実はみなさんの日々の暮らしの中においても、インプットとアウトプットは無意識に繰り返されているんです。

例えばテレビで紹介されていた料理のレシピに興味を持ち(インプット)、実際に夕食で作ってみる(アウトプット)。テレビで見たお笑い芸人の面白話(インプット)を友人や家族にしてみる(アウトプット)、などなど生活の中で皆さんは意識せずに色んな事を取り入れて吐き出しています。

僕は仕事柄、パソコンで作業的なタスクが多いです。なのでインプットの機会は少ない方ではないと感じています。先ほどもお話しと通り、年末は忙しく、なかなかインプットの時間が取れず、まるでロボットのように一定された仕事をただ吐き出すだけをやっていたように思います。

そんな時、僕の脳で何が起きていたかというと、アウトプット(出力)作業に翻弄された脳はカラカラと乾き、「何かの刺激のあるものを手に入れたい」だとか「何か圧倒されるものを見に行きたい」という欲望でした。

年末に財布の中身が緩くなるのは、そのせいだと思っています。作業化された仕事が続いたせいで脳が乾き、 インプット(取り入れる)を欲する。あとボーナスが入ったからというのもあるでしょう。

いずれにせよ人は食欲や性欲などと同じように、定期的に何かをインプットしたがる生き物だと思っています。

アウトプットばかりせず、インプットとのバランスを考えて生活していくのが充実した日々を送るコツなのではないかと最近思いました。

外に出て、肌で感じるのが上質なインプット

僕はインプットには2種類あると考えています。それは「仕事の成長のための活動」「プライベートを充実させるための活動」です。一旦、パソコンの前を離れて「プライベートを充実させるための活動」を追求していくことは、少し勇気のいることですが、それは自分自身を豊かなものにしてくれる大事なものであるように思えます。

仕事とは別の「自分自身を豊かにしてくれる」 ことを手に入れるには、外に出て肌で感じていくことが一番いい方法です。それは人間が一番学びを得られる方法が「体験」だからです。

「自分自身を豊かにしてくれる」の中で読書やパソコンでネットサーフィンという手がありますが、「体験」には遠く及ばないものです。

スポーツで上を目指すならトップアスリートの試合を見に行く。歌手になりたければ、好きなアーティストのライブを見に行く。仕事であれば、その業界の人たちが集まる勉強会に参加してみるなど、「体験」する方法はいくらでもあります。

上記で挙げた方法が目標に必ず到達するとは限りませんが、少なくとも家でだらだらして夢の実現を願っているだけの人よりかはマシだと思っています。行動しましょう。

本やパソコン上で得たものも確かに自分の財産になりますが、そのことを体験するという経験の方が、身につくものが多いでしょう。恋愛ならば、映画でラブストーリーを見てキュンとするより、自分自身がその恋愛を体験した方が圧倒的に心がキュンとしますよね?

それは自分で体験するという行動において、映画に勝る実際の経験の方が段違いに体に染み渡るものがあるからです。

さあ、みんな外に出てみよう!

身近なものに大きな可能性がある?

インプットとして手に入れたものがあるなら、そこから上質なアウトプットにつなげたいものですよね。

でもアウトプットってどうすればいいの?と思っている人もいるかもしれません。ですが、難しそうだとかそんなふうに思う必要はありません。今の時代、ブログやSNSなどで誰もが発信者になれます。ネットからヒカキンさんをはじめとするYoutuberが日本中で有名になれるくらいにインターネットの影響力も大きなものになりました。

ぼくもそうですが、仕事やプライベートでも外に出てインプットしたものはこうしてブログに書くことで、その体験を忘れないようにしています。しかもその書いたことが仕事仲間で話題になったり、ネットで拡散したりと思わぬところで
影響力が増しています。

しかも、インプットした体験や知識を上手にアウトプットにつなげることができれば、普通の会社員と同レベルのお金を稼ぐこともできますし、もしくはそれ以上ということもあり得ます。僕のようにブログを書き続けることができれば、何かしらの形で仕事にいい結果としてつながることも起きるかもしれません。

やってみて損はないですから、インプットしたものは何かしらの形でアウトプットすることをおすすめします。

  まとめ

作業的なことをばかりやっていると、色々なことに対して視野が狭くなりがちになります。なので自分の足で体験してみるというインプットを意識して、アウトプットするともっと今の生活が楽しくなるんじゃないかなという提案でした。