《ハミングバード》将来の検索エンジンはどうなる?!未来には意志を持った検索エンジン登場か?

ものすごいスピードで進化しているWeb業界。早すぎてついていけない。そんな人も多いと思います。

目紛しいスピードで発展していくSEO業界の最新の情報を、Webを職業にしているボクが分かりやすく説明したいと思います。

今回のテーマは検索エンジンの将来についてです。

最近ではキーワードをキーボードやタッチパネルで入力して知りたい情報を検索することに加えて、音声検索によっても欲しい情報が探せる時代に突入していることを皆さんは感じていると思います。

そんな音声検索に対する技術の向上が求められている 今、未来には一体どんな検索エンジンが登場するのか見ていきましょう。

スポンサードリンク

ウェアラブル端末の登場による今後の検索エンジン

2013年9月のことです。ウェアラブル端末に対応すべく、Googleからハミングバードという検索エンジンのアップデートが発表されました。ハミングバードとは話言葉などの自然言語でも最適な検索結果を実現するために行われた検索エンジンのアップデートのことです。

Googleが発表したこの音声検索への対応(ハミングバード)は将来来るであろうロボット時代への準備段階といえるのかもしれません。

ハミングバードはロボット時代への先駆け?

ハミングバードは既に市場に出ていたウェアラブル端末のために行われたアップデートでした。おっと、ウェアラブル端末について説明していませんでしたね。わからない人のために説明します。

ウェアラブル端末とは「身につけて持ち歩くことができるコンピュータのこと」をいいます。一番わかりやすい例が、Apple Watch です。時計として体に身につけることで愛用のiPhoneを操作したり、もちろん時間を確認することができます。

このように日常の様々なことがウェアラブル端末によって便利になっていくというわけです。

話を「音声検索」の方に戻します。もちろんこのウェアラブル端末は基本的に小さいため、PCやスマホのような文字を入力できる機能は兼ね備えていません。そこで必要になってくるのが「音声検索」機能なんです。

この音声検索で最も必要なことは質問された内容の文脈を理解することです。理由は自然言語を正確に認識し、その言葉の意図を読み取らなければ質問の答えを正確に返せないからです。

今後、ハミングバードによる音声検索の技術がさらに発達していけば、もしかしたら「ドラえもん」や「鉄腕アトム」のように会話したり、何かを考えたりできるロボット開発に利用されるのかの知れません。

しかし、もう既に、音声検索の技術を使って、意志を持っているかのような返答をしてくるGoogleのサービスがあります。人の言葉に対して質問の意図を考え、正確な回答を用意しようとする「Location-Aware Search」(ロケーション・アウェア サーチ)」です。

Location-Aware Search|曖昧な検索でも大丈夫

Googleが2015年6月に発表した「Location-Aware Search」(ロケーション・アウェア サーチ)」という検索機能があります。これはどういうものかと言うと、

「この川の名前は?」

「このお店の開店時間は?」

このような問いに対しても正確な答えを返してくれるのです。

「これから入ろうとするお店の営業時間」など自分がその建物の名前を知っている必要はありません。知りたい情報について、曖昧な質問に対しても答えてくれます。

質問者の意図を理解し、正確な答えを出そうとしているところが、まるで検索エンジンが意志を持っているかのようです。こんなサービスがあると、ボクは来たるべきロボット時代へのワクワクを隠しきれないです。

ちなみに、この検索機能(Location-Aware Search)はAndroidとiOSのGoogle検索アプリの両方に対応しているそうです。興味を持った人はダウンロードして試してみてはどうでしょうか?

普通の検索エンジンと違った新しい体験ができるかもしれません。