【ナイキ ルナエピック LOW フライニット】涼しく走りたい人へ。もっと走りたくなる快適な履き心地をあなたに。

柔らかいアウトソールが衝撃から体を守る

ランニングを行う以上、足への衝撃は避けては通れない事実です。

快適に走るためには地面から受ける衝撃を最小限に抑え、怪我などのリスクを最小限に抑えることです。

「ルナエピック LOW フライニット」ではアウトソール(靴底)にプレッシャーマップを施しているので衝撃を効率的に吸収し、足への負担を軽くしてくれます。

このプレッシャーマップを具体的に説明します。この技術は地面から受ける衝撃について科学的に分析し、足裏のどの部分にクッションを強化すれば良いのかを考えて配置されたアウトソールです。

夏の暑い日差しにも負けないあなたのランニングを「ルナエピック LOW フライニット」がサポートしてくれます。

軽量かつ強固なサポート構造

「ルナエピック LOW フライニット」は無駄を徹底的に排除しています。

先ほどのアウトソールに施されたプレッシャーマップにつてもそうですが必要な部分のサポートを強化することで無駄を省いていました。

ナイキはシューズのアッパー(足の甲を覆う部分)についても必要な箇所に耐久性と柔軟性に優れたサポートを施しています。

しかも、しっかりとサポートしているのにもかかわらず、窮屈さを極限まで抑えているので、まるで素足のようなフィット感があなたの足を優しく包み込みます。

そして、快適に走るというテーマのもとにはアッパーに関しては、通気性が必要な部分に粗めのメッシュを入れることで足の涼しさを良好に保ちます。

ミッドソールの両サイドに特殊加工

ナイキはランナーの体に疲労がたまっている状態でも、なるべくスムーズな動きを実現するためにミッドソールの両サイドに特殊な加工を施しています。

ソールを横から見てみると、かかとからつま先にかけて5本の溝が走っていることが確認できます。

このような構造になっている意図はできるだけ、無駄な動きをなくすためミッドソールの両サイドにレーザーで精密にカットされた処理をすることで足の動きを両サイドからサポートしてくれるのです。

この両サイドからのサポートは足が横にぶれにくくさせるというメリットが存在します。

地面に着地し、キックを行うというランニングの一連の流れを、一歩一歩丁寧にサポートするレーザーカットの技術は夏本番の時期に欠かせない相棒となるでしょう。

>>次のページは
【ナイキ エア マックス 2017】履き心地を追求するならエアマックスがおすすめ。通気性とクッショニング、軽さを追求したランニングシューズ

関連記事