【Googleが重大発表】今後、Googleがスマホ版検索エンジンを導入することを発表!時代はもはやスマートフォン??

Googleが検索結果に対する表示の仕組みを、今後数カ月以内で変更する発表を行いました。ソースは下記、アメリカのSEO情報を発信するサイトである「Search Engine Land」です。
http://searchengineland.com/google-divide-index-giving-mobile-users-better-fresher-content-261037

 

Googleは数ヶ月以内にインデックスを分離することで、スマホユーザーにより良い、新鮮なwebサイトを提供することを目指すと発表しました。Googleのゲイリー・イリーズ氏が、現在GoogleはPC用の検索エンジンしか持っていないが、もう一つスマホ専用の検索エンジンを導入すると発表しました。また、このスマホ専用の検索エンジンを今後Googleの主要なインデックスとなることを決定しました。
つまり、どういう発表かというと、「今までの検索エンジンは、PCサイト用の検索結果を表示していたにすぎなかった。でもこれからはスマホ用サイトしか検索結果が表示されないような検索エンジンを導入する」といったものです。
ではGoogleはなぜ、スマホサイトを重視するような仕組みを導入するということを発表したのでしょうか?その意図はなにか?そして、スマホ用検索エンジン導入による今後の影響と対策についてお話しします。

Googleがスマホ版検索エンジンを導入する理由

ほんの数年前から私たちはガラケーに変わり、スマートフォンという非常に高性能なデバイスを多くの人が利用する時代になりました。

常に有益な情報をネットユーザーに提供することを目指すGoogleはスマホユーザー向けに、より最適な形で情報提供するべく、PC用検索エンジンに加え、スマホ用検索エンジンを導入することに踏み切ったのです。

実はガラケーの時代にはPC専用の検索エンジンに加えて、ガラケー独自の検索結果を表示する仕組みが存在していました。ですが、現在は基本的にPCサイトを評価するような検索エンジンしか存在せず、スマホ時代においてもスマホ独自のアルゴリズムを持った検索エンジンが必要となったわけです。
以前からスマホの重要性を知っていたGoogleですが、モバイルサイトへ対応しているWebサイトをプラスで評価をするという程度の仕組みの検索エンジンでした。それだけではスマホユーザーへの最適な情報は提供できないと判断したようです。

今後の検索結果はどう変わるのか

今後の影響として、Webサイト制作に関わる全ての人には次のような影響が考えられます。
  • PC版・スマホ版の二つの検索エンジンに対する対策を行わなければならなくなる。
世の中の多くの人がスマホでネットを閲覧するようになり、Googleもそれ沿った形でスマホ専用検索エンジンを開発することになります。サイト製作側はもはやPCサイトだけではなく、スマホ用サイトを作らなければ話にならない状況になっていくというわけです。PCのみのサイトもレスポンシブデザインへの最適化の実行も考えなければならなくなったということです。
今回の発表から考えて、Googleにとって、ゼロからスマホ専用の検索エンジンの仕組みを作り上げなければならなくなります。同時にわれわれSEOに関わる人たちも、一からスマホ用のSEOノウハウを蓄えていかなければならなくなるということになります。

また、スマホ用の検索エンジンが誕生するということは、PCのみのサイト、または一部のページしかスマホ化されていないサイトはどんどん不利になっていくということです。今後、スマホの検索結果が主要となっていくというGoogleの意図はスマホサイトでないサイトは不要であるし、排除していくというような警告にも聞こえます。

基本は変わらない、SEO施策者がやらなければいけないこと

Googleからはスマホ版検索エンジンが導入された時の、アルゴリズムの算定がどういうものになるのかは明かされていません。しかし今までも、Googleは検索エンジンの具体的な仕組みを明かしていないわけです。いずれにせよ、スマホ版エンジン導入後も独自で検索上位のための研究しなければいけない部分が多くなることは確かです。
スマホ版の検索エンジンが誕生してから、様々なSEO対策が出てくると思いますが、一つだけ言えることがあります。
それはいつの時代も、ユーザー視点に立ち、常にユーザーのメリットを提供できる者のみが生き残れるのだということは確かです。
常に顧客視点でサイト作成を進めていきましょう。

関連記事