ビットコインってなに?&ビットコイン今の価格って高いの?安いの?

最近仮想通貨の市場がざさざわとしていて、荒波のように価格変動が起こっていますね。

その中でもビットコイン。

ビットコインといえば2017年の1月には10万円台だったのが、同年12月には200万円以上に達するなど、爆発的な勢いで人気を博しているといった印象。

この前某ワイドショーで「あなたはビットコインを知っていますか?」という質問を街頭インタビューしていました。

その答えには100人中100人が「YES」と回答。

がしかし、その100人に「ではビットコインの説明をしてください」と質問されるや否や、なんと一人も答えられないという有様でした。

100人へのインタビューとはいえ、言葉だけ知っていて、意味がわからないという「にわか様」しかいなかったということです。

ですが、その気持ちもわかります。

だって仮想通貨は実体がないし、「仮想」という言葉によって怪しさがプンプンと臭ってくる感じがするからでしょう!

そんな怪しそうなものをわざわざ調べようとは思わないのは考えてみれば当然かもしれない。

そこで今回はビットコインは言葉だけ知っているけど一体どういうものかわからないという人に理解してもらえる形で記事を書いていく!

スポンサードリンク

ビットコインって結局なんなの?

やっぱり、まず知りたいのはビットコインってなんなのよ?という部分だと思います。

筆者自身はまだ仮想通貨投資には手を出していないけど(1月中には投資予定)、仮想通貨投資を始めるにあたっての知識は仕入れています。

というわけで、ビットコインとは?を一言で表すなら「決済手段の1つ」とでもいいましょうか!

それだけだと法定通貨でもいいじゃん、で片付けられてしまいます。

なのでこれからビットコインに関するメリットをお話しします。

ビットコインのメリット-送金手数料が死ぬほど安いし、早い-

ビットコインは送金手数料が極めて安いです。もしくは無料の場合があります。

これは特に海外送金する際には大いに実感することでしょう。

また、送金が早いというのはどれくらい早いかというと、海外への送金を含め、数十分程度。

銀行の送金の場合だと少なくとも1営業日以上かかります。

なぜこんなに早い送金ができるのかというと、ビットコインは中央機関が存在しないからです。

銀行送金の場合だと、ATMで振込手続きを行なった後、銀行員が指定の振込先へ実際に送金する事務作業を行います。

ビットコインの場合はそういった事務作業など発生しないため、個人間で送金のやりとりが可能なのです。だから送金が早いのです。

かつ送金手数料あ安いのも銀行のような仲介する業者がいないので、安くお金を送ることも可能となっているという形になっています。

ビットコインのメリット-お金を紛失するリスクが極めて低い-

ビットコインのもう1つメリットとしてはセキュリティがしっかりしているという点が挙げられます。

その理由は、仮想通貨の全ての取引はネット上に保管されるからです。

日本円などの法定通貨の場合だとそのお金を盗まれてしまえば、誰のお金かもうわからなくなりますよね。

ですが、ビットコインの場合だと「全てのビットコインにはその人の所有物であるというような署名がついてあるイメージで、管理」がされています

しかもビットコインはウォレットよ呼ばれるネット上のお財布の中には入れて保管しておくものの、リアルのお金のようにお財布を持ち歩くものではありません。

スマホやパソコンにビットコインが保存してあるイメージです。

通常であれば、スマホやパソコンにはパスワードでロックをかけている人がほとんどでしょう。もし万が一、そういったデバイスを紛失したとしても、遠隔操作でビットコインが入っているウォレットを停止させることは可能です。

なので、ビットコインは法定通貨と比べてセキュリティが高いといえるのです。

ビットコインのデメリット-スケーラビリティ問題-

これまでビットコインのメリットについて説明してきました。

でもやっぱりどんなに優れているものでもデメリットは存在するものです。

というわけでビットコインのデメリットについては主に2つ点挙げられます。

まずはスケーラビリティ問題です。

スケーラビリティ問題とは?を説明する前にビットコインの仕組みについて説明しなければいけません。

ビットコインの取引には中央管理者が存在しなく、個人間でやりとりができるとお話しをしましたが、一応第三者によって取引の正当性を担保するための作業は行われています。

それがビットコインだとマイニング(採掘)と呼ばれる作業です。

ビットコインでは取引が実際に正常に決済されるタイミングが10分ごとに行われます。この作業をマイニングといいます。

細かい技術的な話は割愛しますが、ビットコインでは10分間ごとにひとつひとつの取引をまとめて承認していくルールのもと運用されているものと考えてください。

で、ビットコインではその10分間に格納できる取引が1MBと決められています。

以前であればビットコインの取引量が少なかったので容量に余裕がありました。

しかし、最近になって仮想通貨バブルが起きたことによって10分間で1MBの保存容量では収まりきれないほど、需要が高まったのです。

それによって今までは数十分で送金が完了していた取引が1日以上かかる自体が頻発するようになってしまいました。

先ほどビットコインのメリットの方の説明で、送金が早い事がビットコインのメリットだと説明しましたが、実は最近ではビットコインの取引の承認待ちが行列のできるラーメン屋のような状態になっているのです。

ビットコインのデメリット-お金としての価値がなくなる可能性あり-

次なるビットコインのデメリットとしてはお金としての価値がなくなる可能性があるということです。

法定通貨の場合は国がお金の価値を保証してくれているので一定の価値が保たれています。

ですが、ビットコインは完全に需要と供給の上で成り立つものなのです。

なので、極端な話をしてしまえば、誰もビットコインを欲しがらなくなれば、価値はゼロなります。

そういう意味では、投資対象としては不安材料にはなっています。

正直ビットコインの価格って高いの安いの?

ここで1つ疑問なのが、今のビットコインの価格って高いの?低いの?って話です。

もちろん賛否両論あるでしょうが、サラリーマン目線では僕はこう考えます。

それは株式市場と見比べてみるとわかりやすいと思うので、それと比較してみます。

株であれば東証、マザーズ、ナスダックなどのそれぞれ株式市場がありますよね。

例えば東証は日本国内でのみやりとりする株式市場。

またナスダックであればアメリカ国内でのみやりとりする株式市場です。

なので世界には様々な独立した株式市場があって、それぞれの市場でお金の流通量にはある程度限界があります。

ですが、ビットコインなどの仮想通貨は世界共通のお金のようなものです。

世界中どこにいても、ビットコインを取り扱っている取引所さえあれば、いつでも取引できます。

つまりビットコインは世界中からお金が集まる可能性があり、世界中の人たちのお財布のパイを考えるとビットコインの価格なんてまだまだこんなもんじゃないという見方もできると思います。