ナイキ エアー(NIKE AIR)とは?まるで、空気を履いているような軽やかな感覚で走れる

快適に走る、気持ちよく走るためには、ランニングシューズのクッション性があるに越したことはないでしょう。

長時間気持ちよく走るためには、なるべく体に疲労を溜めないことです。

ナイキには「NIKE AIR」と呼ばれる衝撃吸収を重きを置いてシューズ開発されたテクノロジーがあります。

この記事ではその「NIKE AIR」の基本的な構造を理解し、メリットや特徴を解説していきます。

スポンサードリンク

ナイキ エアー(NIKE AIR)とは?

ナイキエアー(NIKE AIR)とはミッドソール部分にあるエアバックのようなクッションのことを言います。

ナイキエアーが搭載されたシリーズの一番の特徴としては衝撃吸収に強みがあることです。

そのクッションは圧縮された空気が入っていて、以下画像のように、いままでに前足部やかかと、または足裏全体など様々な箇所に施されてきました。

ナイキエアーはエアバックのような構造になているので、衝撃吸収が抜群に優れています。

衝撃吸収の仕組みとしては、いたってシンプルです。

地面に足が着地する瞬間、空気の入ったクッションが収縮する動きをとるので、体に与える衝撃を最小限い抑えてくれる働きを持っています。

そのあとに、衝撃吸収のために収縮していた空気の入ったクッションは、元の形状に戻り始めるのです。

衝撃吸収のために、一度縮む動きをとりますが、そんな簡単に壊れるほどの柔な設計には決してなっていないので、ご安心ください。

このように、ナイキエアーが搭載されたシューズを履くことで、まるで空気を履いているような軽やかな状態でランニングを楽しむことができるはずです。

「NIKE AIR」シリーズを見にいく

これでナイキエアーの仕組みやランニングへの影響をお話ししてきました。

それでは次に、ナイキエアーの特徴を見ていきましょう。

あなたのランニングシューズ選びの選択肢の1つとなるようにお役に立てれば幸いです。

クッション性

まず、クッション性がナイキエアーの中でもっとも特徴的でしょう。

先にも説明しましたが、ナイキエアーシリーズではエアバッグのようなクッションをミッドソール内に仕込んでいます。

これにより、地面に足が着地する際に衝撃を和らげ、体への負担を減らしてくれます。

通常のランニングシューズより筋肉や関節などに衝撃が軽減されるので、疲労もたまりにくい状態でランニングが可能になるのです。

軽量

ナイキエアーシリーズの次なる特徴は軽量であることです。

はやり、ナイキエアーはミッドソール内に空気が入ったクッションを採用しているので、軽さというところにも定評があります。

シューズは重いと、その分エネルギーがロスしてしまうので、疲労をためやすくもなります。

ナイキエアーのシューズのような軽いシューズを利用することで、疲労軽減させる効果も期待できます。

また、長時間気持ちよくランニングをするには、エネルギーをロスする要素は無くした方が良いでしょう。

耐久性

ナイキエアーは中身が空気だからといって、すぐ壊れるようなものではありません。

逆に丈夫です。

衝撃を球種するために、空気の入ったクッションは変形はしますが、破れることなく次の衝撃に備える耐久性のあるシューズです。

また、ナイキエアーシリーズは見た目も美しいものが多いので、ファッション性にも優れていると個人的に思います。

空気に入ったクッションが美しさを表現していると思うのです。

「NIKE AIR」シリーズを見にいく