もうすぐ社会人4年目が、新生活にあると便利なおすすめ家具や生活必需品7選を紹介!!

もうすぐ春ですね!

そして4月になると新社会人になる方たちが新しい生活に向けて大きく羽ばたく瞬間でもある時期です。大学進学や就職で上京してくる人など、様々な理由があると思いますが、新しく一人暮らしを始める人にとっては家具や生活必需品選びはなかなか難しい事の一つなのではないでしょうか。

かくいう僕も3年前は大学を卒業し、新社会人として右も左もわからぬまま新しい土地で新生活を迎えました。

今日はそんな新しく新生活を迎える一人暮らしをする方向けに、生活に必要な家具や生活必需品を選ぶためのポイントをお教えします!

キッチン収納

毎日のように自炊するのであれば、キッチン収納があると便利です。

特にキッチンが狭く、収納スペースがあまり確保できない場合は便利です。

 

カーペット

お部屋でゴロゴロしたい方は大きめのものを買うのがおすすめ。

肌触りで選ぶのもおすすめ。

例えば、長い繊維のタイプはふかふかで深みのありますが、もし食べ物や飲みものを落とした時に掃除に手間がかかります。短い繊維のタイプはふかふかさは足りないですが、ものをこぼした時に掃除が楽です。

 

 

カーテン

部屋の大部分を占めるカーテンだからこそ、色合いや柄などは大事にしたいところ。

家具と同じ色にするなど、統一感のあるカーテンを選ぶと部屋全体の雰囲気にバランスがとれて素敵な部屋に仕上がりやすいです。もう一つ、選ぶポイントとしては機能性です。

最近はカーテンでも様々な機能が付いているものが存在します。

例えば、どんな季節でも快適に過ごせるように遮熱効果の施されたカーテンがあります。これは夏は涼しさが逃げないような働きをしてくれますし、冬は部屋の暖かさが逃げないように、外からの寒さが入りづらいような構造になっているのです。

 

 

バスタオル

毎日使うものだからいいものを。

乾燥機を買う予定がない場合は外か室内で干さなければいけませんね。

ぼくは忙しい時期には朝にシャワーを浴びる事が多く、そうなると夜に洗濯してから干すも、朝はまだ乾いてくれないこともしばしば。

なのでこれから新生活を始める方には吸水性の優れたタオルをおすすめしたいです。

 

寝具

眠りにつく時は基本的に体に負担をかけず、寝返りを打っても動きやすいものがおすすめです。
掛け布団は軽さと暖かさを重視したものを使うようにします。寝返りの妨げにならず寝ている時の体温を奪わないようにするためです。一方で敷き布団はなるべく直立している姿勢を維持できるようなイメージの布団がおすすめです。

睡眠中もしっかりとS字の背骨の姿勢がキープできるようなクッションがピッタリと備わっている事が望ましいです。

 

 

ハンガー

洗濯はほぼ毎日しないと洗濯物がたまるのでハンガーはより乾きやすいものが使いたいですよね。

 

またせっかくの洗濯物がハンガーからずり落ちてしまうこともあるかもしれません。

今ではそんな不測の事態を想定されて生まれたハンガーが数多くあるので一度チェックしてみてもいいかもしれません。

 

本棚

読書好きな人は本棚がないと部屋が散らかりますね。

カラーボックスなどで収納を考えている人もいると思います。

しかしカラーボックスに本を入れてしまうと余計なスペースが目立ち、収納という意味ではあまり向いていません。

 

ラック・ボックス

収納やコレクションのディスプレイスペースとしていろいろと便利なラック。

僕がおすすめなのはスチールラックです。大きめなサイズであればテレビが置けるほどのスペースも確保できます。

しかもスチールラックなら自分で高さを調節できるため、どんな物でもジャストフィットに収納できます。なので部屋全体としての見た目も違和感がありません。小さめのスチールラックであればキッチンにおいても鍋や食器を収納に便利です。

 

関連記事