【勇気づけ】アドラー心理学の勇気づけで、ネガティブな自分にさよなら!

アドラーさんの心理学は勇気の心理学といわれていて、ポジティブな自分の作り方がわかるようになります。

今日、僕がアドラー心理学から学んだことは、ネガティブな自分を作らない方法を教えてくれました。ポイントとしては勇気づけをすることです。しかし、アドラー心理学でいう「勇気」と一般的に言われている「勇気」とは少し違うでしょう。

今回はそんなアドラー心理学の「勇気」についてお話ししていこうと思います。

全ての悩みは人間関係が原因

人は何か目標を達成しようとするときには必ずと言っていいほど困難が立ちはだかります。アドラー心理学ではその困難の発生する原因が人間関係にあるという見方をしています。

確かに、自分の日常生活や仕事において人間関係は切っても切れない関係にあります。逆に人間関係を良好にさせれば何もかも上手くいきやすくなるということです。

その人間関係に立ち向かうために利用されるのがアドラー心理学でいう勇気づけなんです。

アドラー心理学の勇気づけとは?

ではアドラー心理学でいう勇気づけとは一体どういう意味なのでしょうか?アドラーさんがいう勇気は、いわゆる「恐れに立ち向かう勇気」とは意味が違います。

先ほど困難は人間関係が原因で引き起こされるといいましたね。アドラーが言う「勇気」とは「人間関係上の困難を乗り越える力」という意味になります。そして、「勇気づけ」とは「人間関係上の困難に立ち向かい、乗り越えるための方法」です。

勇気づけは次の5つで成り立っている

  • 目的論
    人間の行動は必ず目的がある。
  • 自己決定性
    自分の人生は自分が主人公で、運命は自分が決める。
  • 全体論
    人の行動には矛盾がない。必ず理由がある。
  • 認知論
    人は一人ひとり価値観が違う。
  • 対人関係論
    人は他者から影響を受けたり、自分も影響を与えるもの。

何か困難が発生したら、必ず上記の5つどれかが原因で引き起こされているものです。今自分が抱えている困難はどれが原因として当てはまるのかを特定して、改善していくことが必要になってくるというわけです。

さて、いかがでしたでしょうか?

アドラー心理学の基本ともいえる勇気の心理学の真髄についてお話ししました。今回の話の中心に出てきた勇気づけは全て人間関係が関わっています。

アドラー心理学を理解できていれば、そんな人との関わり方について上手くなっていくはずです。

関連記事