コインチェックのNEM(XEM)流出事件解決か!?NEMチームが瞬時に犯人のウォレット追跡システムを開発

なんかすごい情報を入手しちゃいました。

コインチェックからNEMが不正に漏れてしまった事件ですが、NEMの開発チーム?がどうやら事件後、瞬時にすごいことをしていたようです。

それはNEMを盗んだ犯人のお財布を追跡するシステム!

昨日深夜のコインチェックの記者会見ではコインチェックに預けていたほぼ100%のNEMが被害にあったというような発言があったので、オワ\(^o^)/という感じ

しかし、ネムチームが救世主になるかも?

盗まれたNEMはどうなるのか?解決策は?

しかし、そんな被害を受けた僕のようなネムを盗まれた人たちに対し、NEMチームは動きました。

それは下記ツイートからわかったことです。

上記のツイートはNEMチームが発表した今後のNEM流出後の方針・対策です。 その中のツイートの最後に頼もしいツイートが。

「ハッカーではなく我々が勝つ」

かっけえ… NEMチームの今後の動きに関するツイートはまだまだ続きます。

このほかにもNEMチームの今後の動きに関するツイートがあり、上記のツイートに対する訂正が後々ありました。


それはNEMに対して追跡タグをつけるのではなく、NEMを盗んだ犯人のウォレットにタグをつけるというものでした。

さらにNEMチームの開発したシステムのすごいところは、追跡のタグをつけられた犯人のウォレットに入っているNEMは売ることができないという点。

もし今回のNEM流出騒動で、NEMチームがハッカーに勝利したら映画化決定だね!

この事件をきっかけに、ますますDEX(分散型取引所)への必要性は高まっていきそう。

ウェブねこ

「ウェブねこ」です。ウェブねこはもちろんハンドルネーム。本名は怖いのでまだまださらけ出す予定は悲しいことにありません。このブログは主に「自分が学んだ事」を発信しています。メインとしては「ランニング系」「陸上競技系」など運動を通じて健康増進を目指したいという人は当ブログを読んで損はないはず。ウェブねこについて気になった方はこちら

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

ウェブねこ

「ウェブねこ」です。ウェブねこはもちろんハンドルネーム。本名は怖いのでまだまださらけ出す予定は悲しいことにありません。このブログは主に「自分が学んだ事」を発信しています。メインとしては「ランニング系」「陸上競技系」など運動を通じて健康増進を目指したいという人は当ブログを読んで損はないはず。ウェブねこについて気になった方はこちら