将来的にビジネス系YouTuberはエンタメ系を抜く⁈ヒカキン人気が危ぶまれる理由とは?

最近Youtubeの収益化対象の動画のアルゴリズムが変わりましたね。これによってYouTubeに参加してYouTuberとしてデビューを考えていた人にとって、とても重要な変更になっとります!

これを知っているかいないかでYouTuberとして成功するかしないか運命が分かれるほどだと筆者は考えます。筆者は仕事上、YouTube動画広告を扱う立場にあるので、その辺の動画広告事情も予想がつきやすい立場にいます。

そのため今回のYouTubeのアップデートに対して精度高い予想ができるのではないかと思います。ぜひYouTubeに動画を上げて収益化をしっかり狙っていきたいという人であればこの記事を読むで方向性を掴んでいくことをおすすめします。それではまいります!

YouTubeは今後子供向け動画には収益化の対象から除外

それによって今までYouTubeで人気だった「ニベアクリームでお風呂作ってみた」とか「1000度の鉄球熱してみたらどうなるなか」みたいなよくよく考えると誰得??と思われる動画に対して広告がつかなくなる可能性があります。つまりこれらの動画ジャンルは子供層がよく見ている可能性があというわけです。それはそうですよね。子供に広告見せても広告主の商品を買ってくれる可能性はかなり低いはずです。

YouTube側もあまり広告主や自社の収益にはつながらないと確信をもったのでしょう。利益にならないと判断しなければこのような動きはまず起きないはずです。僕は普段Google広告を活用して仕事をやっているのでYouTube動画広告の最前線の事情もよくわかっている立場です。

「〜やってみた」のような動画ジャンルが収益化という意味で厳しくなっていく中でじゃあどんな動画ジャンルが流行るのか気になるところですよね。え?動画予算は無くなるんじゃないなと思ったそこのあなた。違います。

ネット広告にかかる予算は年々増えているのであくまでも子供向けに動画広告予算をつぎ込むのではなく別の動画に予算が流れると言ったイメージです。それがわかると今後どんなジャンルでYouTuberとして動画を出していけば儲けやすいかなどがわかるので。それはビジネス系や学び系のジャンルです。

今後ビジネス系、学び系の動画が儲かる理由

まずは時代背景があると思います。昔より学ぶ意欲が高い知的好奇心の強い人が増えてきたという点です。

なぜかというとトレンドの移り変わりが激化したことで最近の企業は終身雇用を守りにくくなった事実を感じ取ったビジネスパーソンが「会社に負んぶに抱っこでは危険だ!」と判断しているのだと考えられるからです。つまり「自分の幸せは力で掴みにいくんだ!」という人が増えたからだと考えられます。つまり、YouTuberなど働くことが多様化したことでそれに向けて様々な勉強をしだすことが背景として考えられます。

2つ目はこれまでお伝えしてきた収益化の対象動画が子供向けは除外されたことです。子供向けジャンルの動画が収益化から外れたことで代わりに高単価商品を扱っている広告へと企業の予算が移動しているということです。高単価商品といえば資格取得や転職などビジネス系の商品は高単価な傾向にありますね。

つまり今まで子供向け動画に流れていた広告予算がビジネス系動画に予算がより始めているということです。とくに転職に興味のある人なんていうのは人生がかかってるので悩みも深く、必死な思いを抱えているケースが多いはずなので、ビジネス的に目的の行動に移してもらいやすいのが特徴なんです。

なので広告主(企業)にとってもユーチューバー側にとってもビジネス系、転職系というジャンルはおいしいジャンルということが言えます。だからYouTubeに動画を出して収益化を狙いたいならビジネス系になります!

さきほど子供がウケる動画は収益化の対象から外れるとお伝えしましたが、もっと本質的なことをいうと単なる暇つぶし的動画も今後厳しくなると予想できます。なぜかというと、子供向けが収益化対象から除外された理由を考えれば予想がつきます。それは子供は商品を購入する可能性が低いからです。

そう考えるとその似たようなジャンルの動画はいくつか考えられますよね。たとえば商品購入の可能性が少ない動画という発想で考えると、音楽関連ですかね。

作業用BGMとかも流行ったりしてますけど、これ関しても動画を見るというよりも「聞く」というスタンスのユーザーが多いと想定できます。よってそう言った音楽ジャンルは収益化が難しくなってくるはずです。

子供向けYouTuberはよりビジネス寄りにならざるを得ない

こうした子供向けのような購買意向が弱めな層が見ていると思われる暇つぶし的動画をたくさん投稿してきたYouTuberにとっては大きな転換期といえると僕は思います。

動画スタイルを大きく変えないといけない時期に来ているかもしれません。筆者が予想する方向性としてはやはり案件動画やビジネス寄りな動画を作らざるを得ないということです。今まで子供向けにウケるような動画を作ってきたヒカキンやはじめしゃちょーなどの大手にとっても今後のことを考えると企業のタイアップが増えたりと何かと売込み要素がが増える動画投稿が目立つようになるでしょう。

そのためこれからYouTuberを目指そう!という人にとっては暇つぶし系は避けて広告主の立場にたった動画投稿を心がけるべきだと考えます。

ざっくりにはなってしまいますが、つまり何か学びの要素が盛り込まれた動画です。そうすることで他のユーチューバーと少しでも差をつけられるはずですね。

関連記事




当ブログ管理人の紹介!
ウェブねこ

「ウェブねこ」です。ウェブねこはもちろんハンドルネーム。本名は怖いのでまだまださらけ出す予定は悲しいことにありません。このブログは主に「自分が学んだ事」を発信しています。メインとしては「ランニング系」「陸上競技系」など運動を通じて健康増進、競技力向上を目指したいという人は当ブログを読んで損はないはず。




ABOUTこの記事をかいた人

「ウェブねこ」です。ウェブねこはもちろんハンドルネーム。本名は怖いのでまだまださらけ出す予定は悲しいことにありません。このブログは主に「自分が学んだ事」を発信しています。メインとしては「ランニング系」「陸上競技系」など運動を通じて健康増進を目指したいという人は当ブログを読んで損はないはず。ウェブねこについて気になった方はこちら