【ロングテールSEO】ロングテールSEOを考えたキーワードで確実に上位表示する方法


今回ご紹介するのはロングテールを使った集客SEOの方法ですが、ロングテールの戦略を知らない方に向けて、まず「ロングテールとは?」からお話していきたいと思います。

ロングテールとは簡単に言うとニッチな商品が売上の多くを占める現象のことをいいます。普通は店舗の場合だと、パレートの法則が働いてお店の売り上げが成り立ちます。

 

例を挙げると、大手レンタルビデオ屋さんである「TSUTAYA」では売上の8割がお店の2割の商品によって成り立たっているそうです。まさにがっつりとパレートの法則が当てはまっているといえますね。

しかし、インターネットの普及によって陳列や品出しが不要になったことで人気のない商品でも売れる機会が増えたことがきっかけでこのロングテールSEOの考え方が誕生しました。

 

このロングテールSEOの戦略が成功しているサイトといえば、かの有名な通販サイト『Amazon』です。Amazonでは売上の8割がほとんど売れないとされるニッチな商品が支えているのというのです。

 

 

SEOでいうロングテール戦略とは?
ロングテールではニッチな商品が多く売れるというものでしたが、SEOにおいてはそのニッチな商品がキーワードにあてはまります。一つ一つの競合が少ないキーワードの力で検索上位を目指して行くことで多くのページに流入させようという戦略です。ロングテールのキーワードというものは複合キーワードなので欲求の強いことが多いです。つまり検索ボリュームは少ないけども顕在的な欲求をもつキーワードが多いため、コンバージョンから距離が近いキーワードが多いと言われています。

 

 

ロングテールSEOのやり方
一般的には2通りのやり方があります。

 

1.キーワードから記事を作成する方法
サイトを立ち上げたばかりで、まだ十分なコンテンツがない場合などはこのやり方が多いです。キーワードの検索ボリュームや競合性を確認できるツールGoogle AdWordsの「キーワードプランナー」を使いロングテールキーワードを見つけていきましょう。
ビッグキーワードを軸にした複合キーワードで探していきます。競合性が低く、検索ボリュームがそこそこあるキーワードを見つけるようにしましょう。

 

 

2.既にある記事ページからキーワードを作成する方法
既存のページで、ある程度のアクセスが集まっている記事があるのならGoogleアナリティクスを使ってそのページがどういうキーワードで流入されているかを確認した上でキーワードを作成していきます。

 

検索ボリュームが少ない場合

例えば月間検索数が50回だとしてもコンバージョン率が高い可能性があります。そんなお宝のようなキーワードを逃してしまっていてはもったいないですよね。どんなキーワードでも必ず需要がありますから、そのキーワードが持つ欲求を的確にとらえたコンテンツを作ることができれば上位表示は可能ですので、まずたくさん記事を書いてみることから始めましょう。

 

関連記事




当ブログ管理人の紹介!
ウェブねこ

「ウェブねこ」です。ウェブねこはもちろんハンドルネーム。本名は怖いのでまだまださらけ出す予定は悲しいことにありません。このブログは主に「自分が学んだ事」を発信しています。メインとしては「ランニング系」「陸上競技系」など運動を通じて健康増進、競技力向上を目指したいという人は当ブログを読んで損はないはず。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。