レスポンシブデザインによるSEOのメリット


近年、スマートフォンやタブレット端末という様々なデバイスが誕生していますが、SEO対策においてはこれらの各デバイスに対応していくことは非常に大切なことです。今回はレスポンシブデザインとは?からはじまり、レスポンシブデザインに対応することによるSEOのメリットをお話していこうと思います。

 

 

  レスポンシブデザインとは?
レスポンシブデザインとは各デバイスの画面に合わせてWebページを最適な状態で表示してくれるデザインのことです。一つのURL・HTMLでも複数のデバイスの表示に最適化できるのでサイトの管理に手間がかかりません。
一昔前では各デバイスに対応するためのサイト管理方法として、それぞれのデバイスでURLとHTMLを用意してサイトを作成していました。しかし、この管理方法だとサイトの編集などをする場合にHTMLをそれぞれのデバイス毎に編集していかなければならないため、管理に非常
手間がかかっていました。さらにデバイスの数だけ同じようなURLを割り当てているのでGoogleから重複コンテンツであると判断されてしまうこともしばしばあり、SEO的にあまりいい方法ではありませんでした。

 

そうした状況から今日では多くのサイトで新しいWebデザインとしてレスポンシブデザインが採用されるようになってきています。レスポンシブデザインではサイト管理を一元化できるだけではなく、サイトのユーザービリティが向上したり、Googleからの評価を上げやすくすることができるというメリットだらけです。こうした理由からレスポンシブデザインの必要性は日々高まっており、ユーザーもそれを期待していることでしょう。

 

 

  レスポンシブデザインのSEO的な3つのメリット

 

① サイトの管理が非常にラク
先にも述べたようにレスポンシブデザインでは記事を更新する際には1つのHTMLファイルを更新するだけでいいので作業の手間が大幅に省けます。昔のようなデバイス毎にいちいち更新をしなくて済むようになったので効率的にサイト更新が実現しました。

 

② Googleに最新の情報をクローキングされやすい
レスポンシブデザインはURLが1つで済むのでサイトを最新の状態にしたときには各デバイスをまとめてGoogleのクローラーが巡回してくれるようになるのでSEO的に有効です。

 

③ URLが統一されたことでシェアがしやすくなった
レスポンシブデザインで作られたサイトは各デバイスで最適な表示をしてくれるのでSNSで情報共有がしやすくなりました。

 

どういうことかというと、例えばPCのデザインしか対応していないサイトがあったとします。AさんがPCで閲覧したサイトがとても気に入ってTwitterでシェアしたとします。そして、Aさんの友人Bさんがスマホでそのシェアされた記事を確認したところ、スマホでの閲覧が見づらくストレスを感じ、すぐに離脱してしまいました。

 

上記のような不便さがなくなり、レスポンシブデザインでは各デバイスに対応した表示が実現されたことでユーザー体験を逃してしまうことが少なくなりました。

 

 

  レスポンシブデザインのデメリット

いいことずくしのレスポンシブデザインでも、やはりデメリットはあります。

 

スマホデザインの充実度の低さ
スマホは画面が小さいがゆえにデザインの自由度がどうしても狭まってしまします。例えばグローバルメニューを配置する際にはスマホの画面の小ささを意識してデザインをよく考えて設計する必要があるでしょう。
下の画像をご覧下さい。ドトールコーヒーのサイトではPCとスマホではグローバルメニューの構造が違います。
【PC】

 

 

 

【スマートフォン】

 

画面が狭いスマホのことを考えて、スマホでは左上のボタンを押すと画面一面にメニューが出くる工夫がされています。
 
その他のデメリットとしてはサイト制作コストが高いという面もあります。
  まとめ
年々、ユーザーのスマートフォン利用率が高まっていることから、これからレスポンシブデザイン対応の必要性は高まっていくことでしょう。サイトの管理、SEO、ユーザービリティ的にもメリットはあります。しかし製作コストが高い、スマホデザインの自由度の低さというデメリットがあることから、必ずしもレスポンシブデザインを採用したほうが良いというわけでもないと思います。状況に合わせてデザイン方法を変えていく必要があるでしょう。

 

関連記事




当ブログ管理人の紹介!
ウェブねこ

「ウェブねこ」です。ウェブねこはもちろんハンドルネーム。本名は怖いのでまだまださらけ出す予定は悲しいことにありません。このブログは主に「自分が学んだ事」を発信しています。メインとしては「ランニング系」「陸上競技系」など運動を通じて健康増進、競技力向上を目指したいという人は当ブログを読んで損はないはず。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。