共起語はSEOに強い|共起語SEOで検索エンジンに記事テーマを伝えよう


こんにちは、Webマーケッター@TATSUYAです。今回は共起語を活用した記事の書き方についてお伝えしようと思います。

 
共起語ってなんだ?と思われてしまう方もいると思いますが、私も最近までこの言葉の意味すら知りませんでした。実はこの共起語はうまく活用さえすればSEOにとても効果があるんです。今回はそんな共起語によるSEO対策の活用方法をお話していきます。
まず共起語とはなんぞや?からお話していこうと思います。
 
 
  共起語とは?
インターネットで調べた結果、共起語とは「ある単語に他の語が同時に出現すること」だそうです。つまり、その単語と頻繁に使われている言葉であるということです。間違わないでいただきたいのは同義語や類義語とは意味が違います。
例えばイメージとして「夏祭り」であれば、考えられる共起語として、「盆踊り」「恋人」「花火大会」などといったワードでしょう(例であげた言葉が共起する割合が高いかどうかは調べていないです)。
 
  共起語を活用することでSEO効果が見込める
さて、共起語の意味を理解したところで共起語とGoogle評価の関係について説明していきます。検索エンジンがその記事のテーマ性をどう認識しているかということを考えると理解が早いかと思います。
Google検索エンジンのロボットがその記事テーマを理解しているポイントとして、記事の中に「ある言葉とある言葉ががどれだけ頻繁に使われているか」を見ています。つまり共起語を見てその記事のテーマ性を判断しているのです。
「夏祭り」という言葉について考えてみます。人間であれば「夏祭り」と聞けばよく思い浮かべる言葉として「盆踊り」「デート」「花火大会」をがある思います。しかし、その記事を評価するのは検索エンジンのロボットのため、必ずしもそれらの言葉でテーマ性を認識するかどうかは分かりません。その記事がどういうテーマ内容なのかを判断する材料として、文脈に書かれている共起語を読み取ることをします。そのためにはやはり、検索エンジンに対して狙ったキーワードと頻繁に使われているような言葉(共起語)を活用して記事を作り上げるのがSEOにとって有効に働くのです。
共起語を活用した記事の書き方
では実際に共起語を活用した記事の書き方を具体的に説明していきます。
例をあげた方がわかりやすいと思いますので、先に書いた「夏祭り」で説明していいこうと思います。「夏祭り」といえば「盆踊り」「デート」「花火大会」などといったワードが共起語でした。その中の「花火大会」を取り上げて考えてみます。
1つの記事として「夏祭り 花火大会」というテーマを検索エンジンに理解してもらうようにしたいとします。「夏祭りの中の花火大会」で共起語を考えてみると「デート」「綿菓子」「屋台」が共起語として出てきます。単純にそれらのキーワードを使って記事を書いていけばいいです。これらの言葉を散りばめておけば、Google検索エンジンが「デートとして花火大会に行き、その中で綿菓子の屋台で綿菓子を買う」という「花火大会で恋人とのデート」というテーマ性が検索エンジンに伝わりやすくなります。

 


アンカーテキストを活用する
ほかの手法として、アンカーテキストを使ってそのページのSEO効果を高めるやり方もあります。
■手順
 
① 上位表示を目指しているページ(A)に狙っているキーワード(B)の共起語(C)をいれる。

② キーワード(B)をアンカーテキストにして、キーワード(B)について詳しく書いたページ(B)にリンクを送る。
 
このやり方によってページAにおけるキーワードBで検索された時の検索順位が高まる効果が期待できます。
 
このように共起語は検索エンジンのロボットに強烈にテーマ性を伝えることができる
やり方です。是非今回の記事の内容参考にして検索上位表示のお役にたてていただければと思います。

 

関連記事




当ブログ管理人の紹介!
ウェブねこ

「ウェブねこ」です。ウェブねこはもちろんハンドルネーム。本名は怖いのでまだまださらけ出す予定は悲しいことにありません。このブログは主に「自分が学んだ事」を発信しています。メインとしては「ランニング系」「陸上競技系」など運動を通じて健康増進、競技力向上を目指したいという人は当ブログを読んで損はないはず。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。