Googleの創業者ラリーペイジがAlphabet(アルファベット)を設立し、Googleを子会社化

このたび、検索エンジンの王様Googleがイノベーションを起こすために新たな動きがありました。

新会社としてアルファベットが設立され、同社のCEOにはGoogle創設者のラリーペイジが就任します。

このアルファベットという会社名、なんか変わっていますよね。この名前の意味としては通常以上のリターン(アルファ)を出す賭け(ベット)という意味を込めて名付けたそうです。非常に新会社に込められた熱い思いが伝わりますね。
この大規模な組織改革によってどういう影響がでるのか。youtubeやChrome、Androidなどのサービスで数十億人の人々がアルファベットという新たな企業の誕生によって、新たな革新的なアイディア、つまりテクノロジーが私たちの生活をより豊かにしていくことでしょう。

一方グーグル本体はどうなるのかというと、検索や広告、地図、アプリ、YouTube、Androidやインフラ関連の事業が主体となるそうです。つまり昔懐かしきGoogleの事業体制っぽくなるそうです。

ちなみにGoogleのCEOはAndroidとChromeとアプリの事業を率いたスンダーチャパイが就任します。

これからのアルファベットの事業の野望はおそらく今回の統合に関して、いくつかの事業を成功に収め、新しい本業を見つけ出すためであると思う。
新会社の傘下の企業たちは複数の事業を統括するための頭脳となります。つまりアルファベットは企業の集合体となるわけです。このようにGoogleの各種事業を統合し、細分化することにより個々の事業の主張性がら高まっていくことでしょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。