【SEO対策】Googleの評価基準|Google評価基準を理解して正しく上位表示をめざそう

 

最近SEO関連の記事を書いていなかったので、今回はSEOについて書いていければと思っています。

SEO対策と聞くと、一見難しい ように思えますが、実は根本の部分はとてもシンプルな考え方です。

今じゃ検索エンジンを利用する人の約97%がGoogleを使っているという世の中になりましたね。すごい。検索エンジンの対策をするということは、Googleの対策をするとほぼ言っていいんだと思います。

そのため、Googleによるサイトの評価基準を理解しないと検索上位できないというわけです。

これからその評価基準についてわかりやすく説明していきます。

 

Googleの評価基準

Googleの評価基準は下のとおり、大きく分けて2つあります。シンプルなのでしっかり覚えてサイト改善につなげておきたいところです。 

ページの価値
ページが他者からどれくらい評価されてるか
 

繰り返しますが、たった2つだけなんです。

では、それぞれ詳しく説明していきます。

 

ページの価値

このページの価値の意味は「ユーザーの検索意図に対してどれだけ関連しているページであるか?」ということです。 

 

このことはSEO的に内部対策といいます。

例えば 、あなたが

「オムライス×レシピ」

というキーワードで検索したとします。 その検索に対して、検索結果が2件だけだったとします。その2つというのが、


サイト1:「オムライスの材料だけが載っているサイト」

サイト2:「調理手順やアレンジレシピがたくさん載っているサイト」 

あなただったらどちらのサイトを見たいと思うでしょうか?おそらく大半の人が後者と答えるはずです。

Google検索エンジンはこの考え方と同じようにページの価値を判断して順位を決定しているんです。

「キーワードに対してどれだけ関連性のある情報をたくさん載せてあるか」

これがGoogleが考えるページの価値です。

 

ページが他者からどれくらい評価されてるか

この表現は言い換えれば、

「外部サイトからどれくらいリンクをされているか」

という意味にもなります。
これはSEO的に外部対策と呼ばれます。

しかし、ここで注意しておかなければならないのはリンク元のサイトの質が重要です。

ここで言うサイトの質とは「信頼性が高く」「情報量が多い」というところがポイントになってきます。そうでなければ、いくらリンクをされても無意味なリンクとなり、Google検索エンジの評価基準の土俵にもあがらないと考えられます。

 

 

リンクの質が低いとペナルティの可能性が

では、先ほどお話したサイトの質について、リンクの質が低い場合にどういったことが起きるかを理解しなければいけないでしょう。

リンクの質が悪いとはリンク元が「信頼性が低い」「内容が薄い」というようなサイトです。

昔のGoogle環境ではリンクの質が評価基準でなかったために、 ただ多くのリンクを集めようと質の悪いリンクがたくさん出回るようになりました。

その結果、お金を払ってリンクさせるサービス(有料リンク)が登場したりと不当な方法でリンクをもらおうとするSEO対策が増え始めたのです。

今ではこのような行為はスパムとして、そのサイトに順位下落などのペナルティを科すなどして、卑怯な行為をさせないようにさせています。


以上がGoogleの評価基準になります。
これらをしっかり守ってそれぞれの目指す分野の上位表示を目指していきましょう。

まとめ

SEO対策はサイトを改善する「内部対策」と外部から多くのリンクを張ってもらうことを目指す「外部対策」を正しく行うことが上位検索の必要条件。

関連記事




当ブログ管理人の紹介!
ウェブねこ

「ウェブねこ」です。ウェブねこはもちろんハンドルネーム。本名は怖いのでまだまださらけ出す予定は悲しいことにありません。このブログは主に「自分が学んだ事」を発信しています。メインとしては「ランニング系」「陸上競技系」など運動を通じて健康増進、競技力向上を目指したいという人は当ブログを読んで損はないはず。




6 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。