【文章術】一文の長さを意識すると、途端に文章は読みやすくなる。

ビジネス文章やブログ文章。普段文章に関わりを持ちながら仕事に励んでいる人は、文章を書くことについて一度は悩んだ経験があるのではないでしょうか?

僕はこのブログの読者さんのために、日々読みやすい文章というのを心がけています。まだまだ勉強のみではありますが、文章を書く際、ある1つの意識をするだけで途端に文章は理解しやすくなります。

一文の長さは40文字〜60文字が適切。

あなたは仕事などにおいて、誰かにわかりやすい文章を書く際に何を一番意識しているでしょうか?

僕は一文の長さです。一文が長くなることは、以外とみんなやってしまっていることなんで気をつけたほうがいいと思います。でないと、みんなに嫌われる文章になってしまいますから。

一文の適性の長さは40文字〜60文字です。

日本語は接続詞や接続助詞を使えば永遠に文章を長くできます。なので、書きたいことがたくさんある場合、言いたいことをを詰め込みすぎて長くなってしまうことが度々起こります。一文が長い文章だと結局何が言いたかったのかがわからなくなってしまうことがあります。

これを防ぐためにも、一文の長さを40文字〜60文字する方がいいのです。
基本的に人は一度に2つ以上の事柄が存在していた場合、一瞬でも混乱してしまいます。文章を書くときも一緒で、一文に複数の事柄が入っている文章も読者を混乱させてしまう原因になります。
ではなく、一文に伝える事柄は一つと決めてしまいましょう。そうすればあなたの文章は一気に読みやすく、理解できるものにはるはずです。
どうしても伝えたいことがたくさんり、長くなる場合は思い切って二つ分けるようにしましょう。

長すぎる一文にならないための文章例

では例を出しましょう。次の文章を見てください。
夏休みの思い出といえば虫とりだ。小学生の頃なんかは、カブトムシがとても大好きだったから、父親と夜の森へ出かけ、罠を仕掛け、朝になったらカブトムシが罠に引っかかっているので、それを家に持って帰ってひたすら鑑賞し続けた思い出がある。
上記の例は小学生の夏の思い出の一コマです。どうでしょう?この文章は理解はできますが、書きたいことをたくさん詰め込みすぎています。ここでの問題は二つ目の文章ですね。
一文に主語が複数あって非常に読みづらいです。これでは読者に対して混乱を与えてしまいます。そうなると一気に嫌われる文章になってしまいます。
では次に、一文を40文字〜60文字に抑えた文章を見てみましょう。
夏休みの思い出といえば虫とりだ。小学生の頃なんかは、カブトムシがとても大好きだった。父親と夜の森へ出かけ、罠を仕掛けたものだ。そして、朝になったらカブトムシが罠に引っかかるので、それを家に持って帰ってひたすら鑑賞し続けた思い出がある。
どうでしょう?一文を40文字〜60文字に収めた文章です。一番目の例と比べて、格段に読みやすくなったことがわかると思います。このようにしっかりと一文で伝えることを絞り、意味の伝わる文章を心がけると、周り好かれる文章になるはずです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。