ウェブ解析士の資格を取りたい人に捧げるWebマーケティングのお話

まず、このウェブ解析士とはなんぞや?という人には魅力的でない内容だと思います。

この記事はウェブ解析士を取得するためにウェブ解析に関する勉強をしたい人向けに仕上げました。

僕自身、ウェブ広告関連のお仕事をさせていただいているので、こういったウェブ系の資格を取得することで、クライアントからウェブマーケティングに精通した人という信頼を最短で取得できるようになりたいと思い、ウェブ解析士の資格に挑戦している身ではあります。 

今回の内容としてはウェブ解析とは?から、どういう習慣をつければウェブ解析士として成果の出せる人材になれるか?というお話までを綴っていきます。

なのでウェブ解析士としては基礎のお話をしていきますので、初級向けの内容になります。 ウェブ解析士初級を目指している方はどうぞ読んでみてください。

ウェブ解析士とは?

ウェブ解析士とは消費者の声をデジタルデータや財務的データ、あるいは営業に関わるデータを理解し、それを事業の成果につなげるために活かすことを主軸とした活動です。

決して「ウェブを改善すること」が目的になってはいけない。 これがウェブ解析を行う上で最も大切なことですので、1番最初に伝えます。

ウェブ解析が伸びている3つの理由

近年、ウェブ解析が必要とされて来ている理由としては下記のような理由が挙げられます。

  • データ解析ツールの普及(Google analytics)
  • 情報端末の普及
  • ウェブデータ活用の必要性の高まり

まず、データ解析ツールの普及とはGoogle analyticsやAdobe Analyticsなどのアクセス解析ツールの普及によって手軽にユーザー行動を知れるようになったことがウェブ解析が伸びて来ている1つ目の理由です。

2つ目の情報端末の普及というのはパソコンやスマホなどの普及によってインターネットを利用する人が増える現象が起きたことが起因しています。それに伴いウェブ上で、あるいはウェブを経由して商品を購入したりサービスを利用したりするユーザーが増えました。

ユーザーの消費行動がウェブにシフトしてきていることがウェブ解析が伸びて来ている2つ目の理由です。

3つ目のウェブデータ活用の必要性の高まりに関しては上記で挙げた「データ解析ツールの普及(Google analytics)」や「情報端末の普及」によって売上につながるユーザー行動のデータ(ユーザーの声)を入手しやすくなったからと言えます。

ユーザー行動データはそのまま売上を上げるためのヒントになりうるお宝の山です。

それを企業が活用しない手はありませんね。

ウェブ解析を事業の成果につなげるための3つの要素

  • 経営/マーケティングの理解
  • ウェブ/インターネットの知識
  • 統計/データ分析の理解

ユーザーの声を把握するための解析範囲の把握

ウェブ解析では解析や分析をする範囲によって把握できるデータの範囲が変わってきます。

どういう行動を行えばどういうデータが手に入るかを知ることで、事業の成果につながる重要なデータを取得することに役立ちます。

  • ウェブマーケティング分析
  • アクセス解析
  • ビジネス解析 ビジネス解析は売上や利益などの財務的データ

商談数やコールセンターの問い合わせデータなど、ウェブ以外の経営に関わるデータです。

ウェブマーケティング分析は競合分析ツールなどのアクセス解析以外のウェブデータ。

アクセス解析はページビューや検索クエリです。

ウェブ解析で求められる5つの能力

ウェブ解析では主に下記の5つの能力を養うことが重要であり、クライアントの事業の成果に直結していくものです。

  1. 設計力
  2. 施策実行力
  3. 情報発信力
  4. 情報収集力
  5. 仮説力

上記を養うことで、よりアジャイル(俊敏性・素早いという意味)に分析・改善を実行に移せることができ、結果を出せる解析につながります。

組織でウェブ解析を実践するための考え方 ウェブ解析で事業の成果を出すにはウェブ解析士個人の力だけでは成り立ちません。

積極的に他者と協力プレイして社内にウェブ解析を浸透させる文化を強めるのがウェブ解析士のあるべき姿であり、そのことが自分の社内的地位・評価の向上につながります。

大事なのはPDCAを回す進行役になることにあります。

そのポイントとしては以下の3つを気をつけるようにしましょう。

  1. 仮説検証
  2. 原因分析
  3. 施策立案

上記3つを意識したPDCAサイクルを回すために社内で動いていくことが大事です。

特に大事なのは長期的なPDCAではなく、より短期に何回転もPDCAを迅速に回していくことの方がより成功法則がわかったり、経験値を増やせるのです。

PDCAを回すためにデータを日常的に触れられる環境を整備する 日々、PDCAを回すために下記のような行動を心がけるとより事業の成果につながる知識を得られます。

  • 定期的なデータ共有
  • 成功、失敗事例の共有

定期的なデータ共有とは、定期的にデータの送付したり、さらにはデータを読み解くための勉強会を実施するなどです。

成功・失敗事例の共有とは自分のみの知識・経験の止めることなく、組織全体の能力アップのために行いましょう。これ大事です。

また事例を共有することで他者に「自分もやって見たい」というチャレンジ精神を与え、自分の影響力を強められます。

そして、「事例の保存」と「事例を共有する場の設置」の大切さを実践して成果の出せる人材になりましょう!

関連記事




当ブログ管理人の紹介!
ウェブねこ

「ウェブねこ」です。ウェブねこはもちろんハンドルネーム。本名は怖いのでまだまださらけ出す予定は悲しいことにありません。このブログは主に「自分が学んだ事」を発信しています。メインとしては「ランニング系」「陸上競技系」など運動を通じて健康増進、競技力向上を目指したいという人は当ブログを読んで損はないはず。




ABOUTこの記事をかいた人

「ウェブねこ」です。ウェブねこはもちろんハンドルネーム。本名は怖いのでまだまださらけ出す予定は悲しいことにありません。このブログは主に「自分が学んだ事」を発信しています。メインとしては「ランニング系」「陸上競技系」など運動を通じて健康増進を目指したいという人は当ブログを読んで損はないはず。ウェブねこについて気になった方はこちら