〔ナイキ ズーム ストリーク LT 3〕どんな距離や状況でも走りやすいランニングシューズ

様々なランニングシューズがある中で、どんな距離でも走りやすいというシューズはとても便利なものです。

今回解説する「ナイキ ズーム ストリーク LT 3」では強い反発性のクッションでスピードを維持したまま、超軽量設計と通気性で走りやすさを保つことができます。

つまりどんな距離においても、快適に走ることをサポートしてくれるのです。

それでは「ナイキ ズーム ストリーク LT 3」の特徴を詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

様々な路面で走りやすい

ナイキ ズーム ストリーク LT 3では様々な路面や距離に対応下走りを支えてくれる心強いランニングシューズだと考えています。

その理由は「前足部の幅広デザイン」と「シャンク」がその特徴を支えているからです。

「前足部の幅広デザイン」によってどういう影響がランナーに起きるかというと、足にゆとりが持てるようになるのです。

さらに、つま先部分の弾力性を高めた構造に成功しています。

つま先というのは地面の蹴り出しの局面で、体重がかかる部分です。

前足部のゆとりあるデザインと、つま先の弾力性を強化したことで、硬く険しい路面でも安定感を感じられるような走りができるはず。

ランニングの頼もしい味方になるでしょう。

エンジニアードメッシュで耐久性と通気性を両立

長時間快適にランニングをするなら、足への通気性は欲しいところでしょう。

また、様々な路面の状況でもシューズが耐えられるような設計になっています。

その理由はシューズのアッパー部分にあるエンジニアードメッシュにあります。

エンジにアードメッシュ加工が施されていることで、通気性と耐久性の2つをしっかりと確保しています。通気性が必要としている箇所には網目を粗く、耐久性が必要な箇所には網目を細かくする構造にしているのです。

これでランニング中も蒸れたり、すぐシューズがダメージを受けることは、極力抑えられるようになります。

つまり「ナイキ ズーム ストリーク LT 3」をランニングに愛用することで快適に走れることにつながるのです。

ワッフル形状のアウトソールが地面をしっかり捉える

快適に走る、早く走るためには高反発さと地面をしっかり捉える能力が必要です。

「ナイキ ズーム ストリーク LT 3」ではアウトソール部分(靴底)に膨らみのあるワッフル形状のソールを設置しています。


これにより、足が地面に設置している間、地面をしっかり捉えられるようグリップ力の強化を実現。

さらにソール部分に硬めのクッションを採用することで、耐久性を高めています。

このように、膨らみのあるワッフル形状のアウトソールを採用することで、地面とシューズの間でブレることを極力抑えた状況を作り出すことができます。なので安定した走りへとつながっていくのです。

超軽量で高反発な構造だから、軽い走りができる

あなたにとって軽い走りとはいったいどのようなものですか?

またランニングシューズがどのような構造になっていれば、軽い、軽快な走りが実現できると思いますか?

その答えは軽量設計と高反発設計のシューズであると考えます。

「ナイキ ズーム ストリーク LT 3」ではこれから説明するナイキが独自で取り組んだ2つ技術によってシューズの軽量化と高反発が両立できています。

Nike Zoomユニット

ヒール部分に内蔵されているNike Zoomが強い反発性と軽量化を実現しています。

Nike Zoomは、Nike Airシステムの1つです。

Nike Zoomは非常に軽量で丈夫なつくりになっていて、衝撃吸収の性能に優れています。

足が地面に着いた瞬間に筋肉や関節、腱を保護するような働きがあるので、怪我のリスクも防げます。

さらに地面に足がついた瞬間はNike Zoomの内部ではキツく伸ばされた素材が瞬間的に縮み、すぐに元の状態に戻る動きをとります。

画像出典:flymag.jp

この動きが高反発性を生み出し、より速く走るためのサポートをしてくれるのです。

あなたも「ナイキ ズーム ストリーク LT 3」を履いて心地よいランニングを目指してみてはいかがでしょうか?

ナイキ ズームストリーク LT3 ZOOM STREAK LT 3 /ブルーフォックス/レッド/ホワイト
by カエレバ

>>次のページは
【ナイキ ルナ スパイダー R 5】軽量設計で抜群の加速力を実現したランニングシューズ