ウィキペディアにアクセスすると、恒例の寄付要請メッセージが進化してるんだが

ネットサーフィンをする人なら一度はアクセスしたことがあるであろう「ウィキペディア」

あなたも何度かお世話になったことがあるはず

ちょっとした調べ物をするときなんかは、よく重宝する人が多いと思います

だいたい調べ物をしていると検索上位に掲載されるので、思わずクリックしたくなりますよね

それだけ馴染みのあるウィキペディア

知っている人も多いと思いますが、ウィキペディアは寄付によって成立しています

ウィキペディアサイト内では広告を一切掲載しておらず、その代わりにサイト訪問者から寄付を募るという仕組みで成り立っているのです

ウィキペディアにアクセスするやいなや、「寄付お願いメッセージ」が定期的に出現することがありますね

まとめちゃん
最近ではそんなウィキペディアの「寄付要請メール」にある変化があり、話題となっているので紹介してみようと思いまーす!

最近、寄付要請バナーが巨大化

僕は宇宙が好きなのですが、昨日、ちょうど土星探査機のカッシーニのニュースの件でネットサーフィンしていたところ、ウィキペディアにたどり着いたことがきっかけで気づきました

それは、「寄付要請メッセージ」が巨大化しているのです!

出典画像:http://mar-vn-nv-cie.hatenablog.com/

スマホで見るとファーストビューが寄付要請バナーで埋め尽くされるほど巨大化したようです

そんな寄付要請バナーの巨大化に対し、ちょっとやりすぎじゃないか?という意見が

最近、メッセージに変化があったらしい

バナーのデカさもさることながら、メッセージの内容も変化がありました

ちょっと庶民的になった?寄付の最低金額のメッセージ内容にも変化が

以前はウィキペディア創設者ジミー・ウェールズからのメッセージがあったが…

場合によっては寄付のお願いがウィキペディア創設者ジミー・ウェールズ氏からなされる場合があったとの報告が

しかし、最近ではそういうジミー氏からのメッセージなくなって悲しいという報告も

毎年寄付すんだったら、結局有料じゃん?という声も

なんと、こんな変なゲームも登場

意外にも寄付をする人が多いみたい

いつもお世話になっているウィキペディア

いつもお世話になっているということで、意外にも寄付する人が多いようです

ウィキペディアさん、お金に対してはちょっと本音が出てしまうときも

寄付を後回しにしようとすると、ウィキペディアのどうしても寄付してほしい熱意が伝わってきます

こんな感じで、今年も大勢の人に対してウィキペディアはネットユーザーから寄付金を募り、今日も運用されています

普段お世話になっている分、あなたも寄付をしてみてはいかがでしょう

関連記事