没頭することの弊害。周りが見えなくなることは本当に悪いことなのか?

僕は熱狂的になれる人や大きな夢がある人をすごく尊敬するタイプです。

仕事やプレイベートでも、色々な挑戦をしてみたものの、「これで良かったんだろうか」と終わるのはよくあること。でもやっぱり、やらないで後悔するより、やって後悔した方が絶対にいいと最近感じます。

そうして没頭できた時間や数だけ「良い人生じゃったのおと人生の終盤に差し掛かった時に納得感に変わるんだと思うんです。だから最近、やったもん勝ちだなと心理学を勉強してるとよく感じます。

関連記事

4 件のコメント

  • Thanks for ones marvelous posting! I quite enjoyed reading it, you are
    a great author.I will make certain to bookmark your blog and may come back at some point.

    I want to encourage one to continue your great job, have a nice morning!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。