ちょっと田んぼ見に行ってくる!にちょっと待った!台風12号の接近により、室内に引きこもる際に大切にしておきたいたった1つの事。

台風はどこかワクワクしませんか?とても理不尽だと思われる人がいるかもしれませんが僕はワクワクする時があります。皆さんも僕とお同じようなことを感じた人はいると思います。あのワクワクがなぜやってくるのか。台風で亡くなった人がいるというのに、なぜ毎回ワクワクしてしまうのか。

また、台風が接近すると室内にこもる人が増えると思います。しかし、そんな人がいる中で「ちょっと田んぼ見に行ってくる!」という言葉を最後に残念な結果になってしまったという事例は多々ありますよね。

このことから考えると、死亡のリスクが高まる台風接近時に外出は控えるべきであると考えられます。つまり、台風時は室内最高となるわけです。そんな状況で室内にいると、はやりテレビで台風のニュースを何気なく見たり、なんとなく暇つぶししている人が大半でしょう。

昨今、人は家の中でもいろんなものから無意識に影響を受けるようになりました。テレビの報道、インターネットなどから非常に多くの情報を受け取れるようになったのです。そんな情報が洪水のように溢れている社会の中で、昔以上に人は心が病みやすくなったり、無意識に良くない結果になるように行動してしまいがちになっています。

つまり、台風で外が危険になっている状況だから、家にこもろうという考えも非常に危険な時代であるという認識を是非持っておいて欲しいのです。その理由について、今回の記事でポイントを押さえて説明していきたいと思います。

 

 

マスメディアの信じすぎには要注意!報道が与える人の心の変化

ニュースはついつい見てしまいますよね。僕は家にテレビがないので見ないのですが、というか見れないのですが、ネットのニュースは良く見るので無意識にマスメディアから影響を受けています。
ニュースが与える人の心の影響については、一番は「自分ごと化」してしまう点です。自分ごと化とは僕が勝手に作った造語になりますが、非常に重要な意味を持ちます。人は手軽に手に入れられるものや、手軽にできるものに対しては自分と非常に関わりのあるものとして認識してしまう傾向にあります。

この場合にニュースを考えると、例えば台風の影響で死亡した人がいたというニュースが報道されたとします。すると、それを自分ごと化して実際に皆さんの心がだんだん病んでくるのです。客観的に見れば、全然関係のない第三者に対して悲しみの心が湧いてしまっているのです。

このように情報化社会の中で、色々な情報が入手できるようになったというメリットがある一方で、自分にとって何か負の影響をもたらしてしまうようなデメリットも存在しています。このように、台風だから室内にいれば安心という世の中ではなくなってきているのです。

また、心が病むだけで済めばいいですが、台風のような自然災害により、人が亡くなるなどの非常にネガティブなニュース報道から影響を受けて、あなたを良くない方向へ誘ってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

自殺ニュースを報道すると、死亡事故が10倍増える理由

ある調査結果があります。著書:「影響力の武器」という非常に優良な本を書いたロバートチャルディーニ氏も語っています。

ある種の自殺が報道された後に商業用飛行機の墜落で死亡する人々が10倍に膨れ上がるという統計があります。これはなぜでしょうか?

しかも驚くべきことに飛行機事故の増加に伴い、車の交通事故も増加すると言います。
一見、自殺と飛行機・車事故は全く関係ないように見えるのに、なぜそのようなことがおきるのでしょう。

この本の中で説明されている理由を説明します。それは自殺などの社会に緊張を与えるようなことがニュースで報道されることで、無意識に人の行動に影響を与えているというのです。自殺ニュースを見ることでイライラしたり、神経質になったり、取り乱したりという反応を見せる可能性があります。

そういう人たちが僕たちの社会の中で、車の操縦、あるいは飛行機の点検をすればするほど、それらの乗り物が安全ではなくなります

その結果、車や飛行機の事故が自殺報道の直後に増加することになります。なので、一見関係のないように見える自殺と飛行機車の事故という二者の関係は強い結びつきを伴っているわけです。つまり何が言いたいのかというと、死亡ニュースをふーんと何気なく見ているだけでも、死亡事故を引き起こしてしまうほど危険な行為につながってしまう可能性があるというわけです。

逆転の発想!台風時の室内に引きこもる際に大切にしておくべき1つの事

さて、今まで説明したように、台風時に室内に引きこもることは、実は危険な行為を引き起こす可能性があるということをお話ししてきました。そして、家などの室内ではインターネットなどから死亡事故など、台風に関するネガティブなニュース報道を目の当たりにしたりすることで、ネガティブな行動に繋がってしまうことをお伝えしました。

もうお気づきかもしれません。このネガティブな感情にならないために大切にしておきたい台風期間中の行動はたった一つです。台風のニュースを見ないことです!それだけかよ!しょぼ!と思われるかもしれません。

でも僕はこれが大事だと思っています。台風の情報なんていうのはお天気アプリとかの台風接近情報を見るだけで十分なんですよ。台風による死亡事故や災害のニュースまで踏み込んだ情報まで見る必要がないんです。なぜなら、見てもネガティブにしかならないからです。

ただし、死亡事故や災害ニュースをゲームの敵を倒すような快感として捉えられるような、そういった倫理にかけたポジティブ思考ができる人は別ですが。

 

関連記事

11 件のコメント

  • Nice post. I was checking continuously this blog and I’m
    impressed! Very helpful information particularly the last part :
    ) I care for such info a lot. I was looking for this certain info for a long time.
    Thank you and good luck.

  • I do believe all of the ideas you’ve introduced for
    your post. They’re very convincing and will certainly work.
    Nonetheless, the posts are too short for starters.

    May you please lengthen them a bit from subsequent time? Thanks for the post.

  • I blog often and I genuinely thank you for your information. Your article has truly peaked my interest.
    I will book mark your website and keep checking for new information about
    once a week. I subscribed to your Feed too.

  • Thanks for finally writing about >ちょっと田んぼ見に行ってくる!にちょっと待った!台風12号の接近により、室内に引きこもる際に大切にしておきたいたった1つの事。 | まとめMR-TY(マーティ) <Liked it!

  • I blog frequently and I truly thank you for your
    information. Your article has truly peaked
    my interest. I will book mark your blog
    and keep checking for new details about once per week.
    I opted in for your Feed too.

  • I don’t even know how I ended up here, but I thought this
    post was good. I do not know who you are but certainly you are
    going to a famous blogger if you are not already 😉 Cheers!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。