【マイナビ就職セミナー2017】1月11日のマイナビ就職イベント行く学生が心得ておくべきこと

2017年1月11日、新宿NSビルでマイナビ就職セミナーが開催されますね。僕もよく就活生の頃は新宿NSビルでマイナビ主催の就職セミナーに足を運んでいました。マジで懐かしい。

ほんとあの頃は大した能力もないのに、大手企業がいいなーって思っていました。企業からスカウトされないかなーとか。という感じで、就職活動というものに本気で取り組むことができないことが多かったというのが当時の現状でした。でも就活していくうちに大企業ではダメだと思い始めたんです。

企業選びって、みんなが認知してるからいいイメージばかり持っちゃってますけど、実は違うんだと。そういう企業側が世間に見せてる顔と、内部事情のギャップが大企業であればあるほど違うんだということにです。

最近だと電通の過労死事件がありましたね。あれはまさにそういうことなんだと思います。世間でいう大手企業はお金を持ってるからこそ、広告とかでイメージアップをいくらでも作り上げられることができるので、いくらでもマイナス面(内部事情的なもの)は隠せるんです。たとえ残業時間が長く、ひどい労働環境であろうと、お金があれば世間にいくらでもいい顔をできる。

今回は僕のように就活を何となく行っている学生で、何だかんだで大手がいいなーとか、すんなり受かってくんないかなーと考えている学生に向けて、就活のリアルをお話ししていこうと思います。僕自も、もちろん元就活生なので先輩として色々就活に役に立つアドバイスができると考えています。「実は大手がいいとは限らないし、安定より成長を求めてる人ほど、ベンチャー企業の方が合ってる可能性が高いうことを伝えたいと思います。

マイナビ就職セミナー2017。正月後の就活はやる気が出ないから気をつけて

2017年の一発目である、1月11日のマイナビ就職イベントはもちろん正月後のすぐに開催される時期です。正月というダラダラ過ごしがちな時期の後に就職活動を迎えるため、やる気があまりでてこないというのが正直なところです。そこでポイントなのが、正月に予定をしっかりと立てることです。

おそらく、就活生の多くは12月〜1月の年をまたぐ時期でも大学のキャリアサポート課などで面接練習や就職活動についてのアドバイスを聞いたり、実際に企業説明会、面接などで忙しい日々を過ごしているのではないかと思います。

そこで正月という時期は基本的にはお店も企業もお休みなところが多くなるので、必然的に休まざるをえなくなります。

人は、一度休憩を挟むとその後にやる気を元に戻すのに非常に時間がかかる傾向にあります。例えば勉強を例にとると、LINEなどが来て一時的に集中力が切れると、元の集中状態に戻るのに15分かかると言われているのです。

これも正月の連休明けの心理状態においても、同じような心境に陥ることがあるのです。

なので大事なのは正月だとしても、1日の中で30分でもいいから、何かしらの就活関連のことを考えておく必要があるということです。実家に帰る人であれば家族と就活の現状を報告するとか、自己分析を少しでもしてみることが、正月明けのマイナビ就職イベントを有意義に過ごせる一つのコツだと考えています。

マイナビ2017の就職イベントで安定企業を探すのか、成長企業を見つけるのか

人は基本的に変化よりも安定を好む傾向があります。これが就職においても顕著に現れます。安定職といえば公務員ですね。警察官なんかは犯罪を起こしても罪が軽くすむことがありますし、本名が公開されないですよね。そいういう意味では犯罪を犯しても重い罪にはなりにくい公務員は究極の安定職ですね。

大企業の場合でも公務員とまではいきませんが会社の一員として、それなりに仕事をしていればクビにはなりにくいかもしれません。しかし、クビにはなりにくかもしれないですが、上の職に上がりにくいというデメリットがあります。

また、昇給制度や昇格制度が曖昧だったり、査定頻度が低かったりします。そうするとこういう事態が起きるかもしれません。それは、自分が仕事で急激に成長しているのにもかかわらず、会社側の査定頻度が遅いがために成長の機会が失われている可能性もあるでしょう。マイナビ就職イベントの際もそのような視点で会社を見るといいと思います。

それは「一度きりの人生を大きな会社の中で小さな変化、そして小さな影響しか与えることしかできずにいる」ことだと言い換えられるかもしれません。

一方で、中小零細企業、ベンチャー企業の場合で考えると、成長を考えている人には非常に相性の合う企業集団である可能性が高いです。理由は単純に会社としての規模が小さいので、上の役職との距離が身近に感じられることが多く、コミュニケーションが取りやすいというメリットがあります。

コミュニケーションが行き届いている会社であればあるほど、自分の人間性で良いポジションややりたい仕事を任されることが多くなるのです。自分の意見が通り、自分の望むことができるようになるとヤル気も上がります。そして、仕事を単にお金を稼ぐための手段ではなく、人生のやりがいの一つとして捉えられるポジティブさを手に入れられます。

中小零細企業は社員数もそれほど多くないことがあるため、自分が重要な仕事を任される可能性もあります。成功すれば成長につながりますし、そうなれば給料が上がるし昇格もします。また、成功することで周りからの期待が高まり、信頼が高まります。

ここで大事なのが失敗が認められやすい新卒の時期において、成長することが必要なタイミングに、実際に成長できているということがポイントです。

僕は社会人3年目ですが、仕事で新しいことを任される際は、早めに失敗をしてしまうことが多いです。でも、できるだけ早い段階で多くの失敗を経験できるので、失敗しない方法が早い段階でわかるようになります。

マイナビ就職イベント2017も同じで、できるだけ力の限り色々な企業を回ってみてください。企業の人と雑談するだけでもいいです。そこから会社単独の説明会に行ったり、面接に落ちたり、早い段階で自分に合わない企業を取捨選択することで早めに内定をゲットできるように頑張ってください。

内定したら、残りの学生生活を満喫して思いっきり遊びましょう!

関連記事