視点で変わる。ディズニー戦略で夢の実現や身近な課題を克服する計画の立て方。

あなたは夢を持っていますか?

よく逆算して計画を立てるなどと言いますね。それももちろん最高の方法です。ですが、世の中には夢を叶えるとか、身近な課題を解決するなどに関して、いろいろな方法論で溢れています。

今回はその一つである、あのディズニーの創設者、ウォルトディズニーの思考法をモデルにした創造性の戦略(ディズニー戦略)をご紹介します。

創造性の戦略ということで、一言で言うと様々な視点に立って課題の克服にあたっての計画を立てていくという考え方です。それではご紹介します。

ディズニー戦略。3人の視点に立って物事を考える。

人は同じものでも、考え方次第で大きく見方が変わるものです。
あのウォルトディズニーのように最高の創造性を発揮したいと誰もが一度は思ったことがあるでしょう。まさに創造性の化け物と言えます。
しかし、あなたにもウォルトディズニーのような卓越した創造性を発揮できます。それは先ほどもちらっとご紹介した。ディズニー戦略です。
まず、ディズニー戦略とは今目の前に立ちはだかっている課題を、どういう風に解決していくかを、批評家、現実主義者、夢想家の3人の視点に立って計画を立てていく方法論です。
方法論と言っても、何も難しいことはありません。

ディズニー戦略を使って課題を解決する思考法

まず、解決したい、あるいは実現したい目標を選びます。
それからあなたは夢想家として、好きなように目標の実現のための計画を立てます。その時に「本当にこの方法で目標達成するのだろうか」などの否定的な邪念は取り除きます。
例えば、歌手になりたいのであれば、「いくつものオーディションを受けて合格し、メジャーデビューする」などです。

次に現実主義者の立場に身を置きます。「夢想家としての自分が立てた計画は実行可能な範囲か?」などと現実的な視点で物事を見るようにします。今の自分に立場だったら、どういう計画が近道なのか、夢の実現のためには今の自分には何が足りていないのかという視点で考えていきます。

先ほどの歌手になる計画で例えると、オーディションで合格するには、今の自分には歌唱力が圧倒的に足りてなさすぎることを感じたのであれば、ボイストレーニングに行ったりと歌のスキルを身につけることに努めるような計画を立てます。

そして最後に批評家のポジションへと入ります。最後は現実主義者の考えた計画に誤りがないか、あるいは不足しているものはないかという視点に立ち、修正します。自分の力ではどうにもならいような計画であれば、誰かの力を借りるような計画に変更していく作業です。

例えば、先ほどの歌手になりたいという目標の計画として、オーディションという方法を考えましたが、現実的には合格する人はほんの一握り、現実的に考えると路上ライブをしたり、ライブハウスで下積みを重ね、少しずつファンを増やす戦略のほうが自分には合っているということを考えることができます。

ここでポイントなのは現実主義者が立てた計画をただ批判するのではなく、「どうすれば解決するか?」というような前向きな思考で計画に修正を加えていきます。
最終的には夢想家の視点に立ち返り夢想家、現実主義者、批評家で得られた知見をもとにして、計画を見直していきます。
これで以上です。このように夢想家、現実主義者、批評家の三つの視点に立ち計画を立てていくことをしていきます。
計画を立てるコツとしては、夢想家、現実主義者、批評家のどれも自分にとって納得のいくまで修正していくことです。3つのどの視点からも納得のいくものができれば、行動が簡単なものになっていくはずです。

関連記事