【記事タイトルのつけ方】ブログの記事タイトルは結論をイメージすれば思いつきやすい。

ブログをやっているると、一度は記事タイトルでつまづいた経験があるでしょう。

僕も前までは記事タイトルの良いアイディアがなかなか思いつかなくて、かなり苦戦した時期がありました。でも今はずいぶん早くなりました。

今回は記事タイトルのつけ方で思い悩んでいる人向けに、記事タイトルのつけ方をお教えしようと思います。

最終的に言いたいことを伝える。

よくブログを執筆する際、本文を先に考えてから記事タイトルを考える人がいます。

実はこれはあまり良くありません。この方法は上級者の人でないとなかなか難しいことです。あなたがもし本文を先に書き出すような執筆スタイルをとっているのなら、あまりお勧めはしません。

なぜ本文を先に書き出すのは良くないのかというと、記事を書き出すタイミングで最終的に伝えたいことが固まっていない場合、文章が迷走してしまうからです。

あとで記事タイトルを考えれば良いやーー、だと本文と記事タイトルにブレが生じやすくもなります。だからあまりお勧めはしないのです。

僕は以前に本文を先に書いて、あとで記事タイトルを考えるというスタイルをとっていました。僕の経験からすると、やっぱりその方法では執筆スピードも遅くなるんですよね。

本文から先に書くことで、最終的に伝えたいことがふわふわしてしまいますから。ふわふわするから本文を書いている最中も、何を書けばいいのかイマイチ把握できずに進めてしまいます。

対策としてはまず、一番初めに最終的に伝えたいことを決めてしまいましょう。そして、それを記事タイトルに入れてしまえばいいのです。

そうすることで記事タイトルと記事の中身がブレることはありません。また最初に記事タイトルの段階で、最終的に伝えたいことを明確にしている分、記事執筆中も迷わずにキーボードを叩き続けられます。

記事タイトルというのはSEO対策にも読者にとっても重要なことのひとつです。最終的に伝えるべき重要なキーワードが記事タイトルに入っていると目に止まってもらいやすくなるのです。検索結果に表示されるのは記事タイトルか、ユーザーが検索したキーワードが入った本文が主に表示されます。

とくに記事タイトルは検索結果に大きく表示されるので目立ちます。記事タイトルを疎かにしていると、モチベーションが高いユーザーを取りこぼしている可能性があるということを、ぜひ認識してみてください。

まずはタイトルは重要という意識が大事だと思います。

関連記事