付き合って3年以内の結婚は危険?!あの燃えるような恋愛や、冷める理由は脳内物質であるフェニルエチルアミンが原因だった!

恋愛。

それは世の中の多くの人が経験する最も人間らしことの一つです。

あなたにもあったかもしれません。

以前まで恋人を愛する燃え上がる熱い気持ちがあったのに、気づいたらずいぶん覚めてしまったことが。付き合い始めた頃は、相手のことを好きで好きでたまらなかったのに、今はイライラさえする。そういう人が沢山いると思います。あなたもその一人ではないですか?

恋愛なんていいことないからもうしない、なんて人がいることでしょう。実は恋愛初期においては、この情熱的な気持ちの高まりから、いわゆる気持ちが冷めてしまう現象は、脳内物質であるフェニエルチルアミンが原因で起こる変化であることがわかっています。恋愛中の男女に起こる、気持ちの変化がなぜ起きるのか。

そして、そうならないための恋人との上手な関係の築き方。また、お一人様女子必見、今すぐ恋をしたほうがいい理由についてお話しします。

ドキドキが止まらない!恋のトキメキはなぜ起こる!?

多くの人が幸せの指標としている異性との関わりは、その中で人を好きになったり、好かれたりという感情が人間には備わっています。好きになる理由は人それぞれですね。

ではなぜ好きな人を見たり想うだけでドキドキしたり、幸せな気持ちになってしまうのでしょうか?そのことは科学で明らかになっています。人は相手に恋愛感情を抱くと、フェニルエチルアミンという脳内物質を分泌させます。

これはどういう物質かというと、チョコレートにも含まれている物質なのですがドキドキしたり、強い幸福感を感じさせる働きをすることがわかっています。このフェニルエチルアミンという脳内物資が分泌されるため、恋愛特有のドキドキが止まらなかったり、相手を思うだけで前向きな気持ちになれるのです。

相手を見るだけでテンションが上がったり、いつもそばにいたいという気持ちを起こさせる脳内物質がもう一つあります。それはフェニルエチルアミンと一緒に分泌されるドーパミンです。ドーパミンは聞いたことがある人は多いでしょう。

ドーパミンはよくパチンコをする人であれば、しょっちゅう出ている興奮物質です。ドーパミンが分泌されると、人は強い興奮や高揚感を得られます。恋愛中の男女はそのドーパミンによって強い充実感を感じ、なんでも楽しく思えてくるのです。

しかし、非常に危険な面もあります。それはフェニルエチルアミンやドーパミンの分泌によって、陶酔感を感じるほどの強い感情を抱いてしまうと相手を正確に判断できなくなることがわかっています。理由は、人は非常に強烈な恋愛感情を抱いてしまうと、相手の何もかもがよく見えてしまうバイアスがかかるからです。浮気に気付きにくかったり、気づいたら貢いでしまていたと言う話はよくあることです。

また変な話、相手が自分の恋愛感情を利用した結婚詐欺にまんまと騙されてしまうこともあるかもしれません。

恋愛感情は3年が限界?気持ちが冷める理由

さて、先ほどお話した恋愛においての充実感やドキドキを感じさせるフェニルエチルアミンですが、実は分泌期間が3年という決まりがあります。つまり、分かりやすく言うと、どんなにラブラブなカップルでも3年を過ぎれば冷めてくる期間に突入してしまうのです。そう、恋特有のドキドキやトキメキには賞味期限があるのです。それが3年という期間なのです。

よく見かける恋愛の失敗パターンとして、付き合って半年未満というスピードで結婚するカップルがいますね。実は付き合って比較的短い期間を経て結婚するパターンは離婚しやすいことがわかっています。

こちらのサイトの内容(スピード婚vs.長すぎる春」離婚率が高いのは?)によると、離婚した人の中で「離婚と交際期間に関連がある」と考える人の4割が「半年未満の交際期間」で結婚を決めていたことが判明したのです。つまり、離婚した原因が交際期間にあると自覚している人の中で、実際の交際期間が半年未満であることがわかったのです。なので交際期間が半年などの短い期間で結婚を踏み切るのは、危険な場合が多いことがわかります。

スピード婚が成立してしまう理由は心理学的に考えるとフェニルエチルアミンに原因があります。付き合いたての頃というのは、誰もが相手を想う強い感情を抱いているものです。何でもしてあげたくなるし、なんで受け入れられる。愛されたいし、愛したいのです。それは先ほども紹介した相手が好きだからこそ、悪い部分が印象に残りづらくなるという現象が起きます。

例えば10代で付き合い、早い段階でデキ結婚による家庭を築いた人たちの典型的な失敗理由はこうです。付き合いたての頃に出るトキメキ物質であるフェニルエチルアミンが出まくりなラブラブカップルが、子作りから結婚まで猛スピードで進んでしまうパターンがあります。すると、フェニルエチルアミンが切れる3年後にお互いの気持ちが冷めて、幸せではなくなり始めるのです。

僕の周りにもいます。離婚とまではいきませんが10代のころ、比較的早い恋際期間を経て結婚した人の多くが、今では夫婦円満な家庭とは言えない状況になっているという話はよく聞きます。

冷めるなんてヤダ!気持ちが冷めないようにするのはどうしたらしいの?

いままで、半年未満などの早い段階で結婚を踏み切るのは危険であるというお話をしました。ここで疑問に思うかもしれません。

みんながみんな交際半年未満で離婚するわけじゃないじゃんと。その通りです。今回のお話は、別にすべての人に当てはまるわけではなく、そういう傾向にありますよというお話に止めておきたいだけなのです。人はひとりひとり違いますしね。あたり前の話です。それに、芸能人夫婦である浅香唯と西川貴博のように結婚から何十年たっても、美容院を一緒に行くほど常にそばにいたいという思いでいられる人たちもいます。

そういう例外を除いて、あくまで、相手のことをよく知らずに勢いで結婚してしまうことは、結婚後に後悔を感じる要因の一つになりうるということを伝えたいわけです。

ではここから、後悔しない恋愛をしたいんだけど、そこらへん心理学ではどうなってんのよ?!という疑問にお答えしたいと思います。

フェニルエチルアミンが切れる3年以降が勝負!

正直、付き合って3年という期間はフェニルエチルアミンの分泌期間なので変な話、特別なことをしなくても、どのカップルもうまくいきます。恋愛における冷める理由は相手のことを知れば知るほど脳から解き放たれるフェニルエチルアミンの分泌量が減ることにあります。また、同時に分泌される興奮物質であるドーパミンの分泌量も減ります。

何が言いたいのかというと、恋愛においては相手のことを知れば知るほど相手のことが飽きてしまうものなのです。付き合いてたの頃は、まだ相手を十分に知らないため、毎回新鮮な気持ちでトキメキが続き、より相手を好きになっていく気がします。しかし、お互い十分理解しあった途端に冷めることがあります。これがぞくにいうマンネリ化です。

問題なのはフェニエルチルアミンの分泌が切れる3年以降です。恋愛心理学でいわれているのは相手から学びがあるかどうかが関係を良好に保つポイントです。成功するカップルと失敗するカップルの違いは「好き」だけで付き合えていた期間を乗り越えて、お互い学びあえる関係になっているかなのです

人間なのでやはり飽きます。どんなに好きでも、いつか飽きがきます。でも、その飽きた時でも「好き」以外の何かで相手を大切に思える気持ちでいられるかどうかにかかっています。ヒモ男と付き合っている女子との関係のように、彼氏は彼女に依存し、彼女も彼氏が依存してくれることに依存しているという、おんぶに抱っこの関係では何の学びも得られません。

人間には何事も限界があるということを理解し、お互いに依存しすぎない適度な距離感を保つことが大切です。相手を束縛するであったり、自分の価値観を押し付けて、一方的に自由を奪った側は目的が叶えられて心が満たされるかもしれません。でも自由を奪われた方は不満がたまる一方ですよね。どこか、ひとりの人間として扱ってもらえていないような気がしますよね。

人には他者から認められたいという承認欲求があります。尊敬されることに嬉しさや幸せを感じます。それが好きな人であればなお嬉しいことです。ですが、多くの失敗するカップルは付き合いが慣れてくると、お互いを当たり前の存在として認識しはじめ、尊敬する気持ちを失ってしまう傾向にあります。

「髪切ったんだ、かわいいね」「その帽子、どこで買ったの?似合う!」とほんの些細なことからでも、一人の人間として敬意を示すことが心理学でも大事であることがわかっています。

優しさが生まれる物質、オキトシンを分泌させよう

恋愛において、ドキドキの感情が起きる理由が脳内物質フェニルエチルアミンということは理解していただけたかと思います。そして、この物質は最長でも3年で切れるというお話もしました。じゃ、それ以降相手に優しくできなくなるの?と思うと思います。

その答えはNoです。

フェニエルチルアミンやドーパミンの分泌がなくなっても、もう一つ恋愛に関するホルモンが存在します。それはオキトシンです。オキトシンが分泌されると、相手に対して、守ってあげたい、優しくしたいという感情が湧き上がってくることがわかっています。

オキトシンが分泌するタイミングですが、相手とのスキンシップによって起こります。なので相手に愛情が無くなってきた頃に、ボーリングに行ったり、カラオケにいたり、あるいは思い切って旅行に行ったりするのが効果的です。そうやってオキトシンを分泌させるような行動や仕掛けをすることで関係を良好に保つことができるというわけです。

美しくなりたい女子必見!恋をするとキレイになるはホント

最後にお一人様女子が今すぐ恋をしたほうがいい理由をお伝えします。特に美容に興味があるという人にはうってつけです。

よく恋をすると綺麗になるという噂を聞いたことがあるでしょう。科学的にはそれはホントです。理由は恋をするとフェニルエチルアミンと一緒にエストロゲンという物質も分泌されるからです。エストロゲンはバストアップやウエストを引き締めてくれる効果があります。また、肌がきめ細やかになる効果もあり、より女性らしさを磨き上げてくれるのです。

また心理的にも変化があります。彼からよく見られたいがためにダイエットを頑張ったり、美容にこだわり始めたりと、好きな人からよく見られたいという精神的な変化が恋をすると綺麗になる理由の一つなのです。

関連記事