【アジア大会ジャカルタ】男子走幅跳の予選結果。橋岡優輝選手がトップで予選通過!

ジャカルタで開催されているアジア大会の陸上競技の結果をお伝えします。

今回は男子走幅跳の予選結果です。なんとU20世界選手権の金メダリストである橋岡優輝選手が8m01cmを跳躍し、予選トップ通過です。

下記に予選A組結果を記載します。

順位 記録 選手名 国名
8.03m Q(+0.0m) 橋岡優輝 Japan
7.89m Q SB(+0.2m) WANG Jianan China
7.84m Q(+0.7m) ZHANG Yaoguang China
7.83m Q(+0.2m) SREESHANKAR India
5 7.74m Q PB(+0.2m) SAPWATURRAHMAN Sapwaturrahman Indonesia
6 7.74m q(0.0m) 城山 正太郎 Japan
7 7.67m q(0.0m) KO Ho Long Hong Kong
8 7.61m q(+0.1m) KIM Deokhyeon Republic of Korea
9 7.60m q(0.0m) LIN Tzuchi Chinese Taipei
10 7.56m q(+0.1m) JOO Eunjae Republic of Korea
11 7.56m q(+0.0m) WIMALASI Dandubendiruppe Aluth Gedara Janaka Prasa Sri Lanka
12 7.54m q(+0.3m) LIN Hungmin Chinese Taipei
13 7.49m SB(+0.0m) WIJAYA Suwandi Indonesia
14 7.48m(-0.6m) BUI Van Dong Vietnam
15 7.42m(-0.1m) RAMLAN Luqman Hakim Malaysia
16 7.36m(+0.0m) UBAS Janry Philippines
17 7.11m(+0.0m) CHAN Ming Tai Hong Kong
18 6.48m(+0.3m) WONG Ka Chun Macau, China
19 DNS ALHADAD Saleh Kuwait

下記、実際の橋岡優輝選手の跳躍になります。

橋岡選手の跳躍の特徴として、助走がとてもリズミカルで安定した跳躍が強みです。

U20の世界大会の時もそうでしたが、重要な場面で力を発揮できる安定さを誇っている印象です。

話は少しそれますが、最近では橋岡選手の跳躍フォームが都度変化しているということがあります。

試合の中ではさみ跳び(シザース)だったり、かがみ跳びだったりと跳躍ごとに違う時があります。

それについて本人としては下記のように自然とああなってしまうというコメントを残しています。

1番遠くに跳びたいという本能が、無意識のうちに跳躍フォームを変えさせているのかもしれませんね笑(適当か!)

ウェブねこ

「ウェブねこ」です。ウェブねこはもちろんハンドルネーム。本名は怖いのでまだまださらけ出す予定は悲しいことにありません。このブログは主に「自分が学んだ事」を発信しています。メインとしては「ランニング系」「陸上競技系」など運動を通じて健康増進を目指したいという人は当ブログを読んで損はないはず。ウェブねこについて気になった方はこちら

関連記事




当ブログ管理人の紹介!
ウェブねこ

「ウェブねこ」です。ウェブねこはもちろんハンドルネーム。本名は怖いのでまだまださらけ出す予定は悲しいことにありません。このブログは主に「自分が学んだ事」を発信しています。メインとしては「ランニング系」「陸上競技系」など運動を通じて健康増進、競技力向上を目指したいという人は当ブログを読んで損はないはず。




ABOUTこの記事をかいた人

ウェブねこ

「ウェブねこ」です。ウェブねこはもちろんハンドルネーム。本名は怖いのでまだまださらけ出す予定は悲しいことにありません。このブログは主に「自分が学んだ事」を発信しています。メインとしては「ランニング系」「陸上競技系」など運動を通じて健康増進を目指したいという人は当ブログを読んで損はないはず。ウェブねこについて気になった方はこちら