〔プロテインダイエット8日目〕どうしても炭水化物食べたくなったら、ブランパン(ふすまパン)を食え!

プロテインダイエット8日目。

今日はトレーニングをせず、プロテインダイエット生活を過ごしました。

基本的にプロテインダイエット中のトレーニングは週に1日のペースで休みを入れようと思います。

ではいつも通り経過報告していきます。。

スポンサードリンク

身体データ測定結果(計測時間19:50頃)

  • 体重:59.7kg
  • 体脂肪率:17.9%
  • 皮下脂肪率:16.5
  • 内臓脂肪レベル:4
  • 基礎代謝:1,331/日
  • BMI:22.2
  • 筋肉レベル:5
  • 骨レベル:5
  • 体温:36.2度(夜)

上記、体重が減ってきていますね。

体脂肪率は昨日と比べて-1.3 point となっていますが、ダイエット初日と比べて0.3 point 増えている状況です。

なんだか体脂肪率の値は信用しない方がいいかもしれません。

ダイエットの進捗を体脂肪率で見るのもいいですが、見た目にどれくらい現れているかを見るのも一つの確認手段でしょう。

食事内容。ブランパンめっちゃうまいよ

朝食

  • ふすまパン:219kcal

昼食

  • シーチキンコーンサラダ:94kcal
  • オクラとなめこと大根中心のサラダ:38kcal
  • プロテインSAVAS:79kcal

夜ご飯

  • ブランあんパン:162kcal
  • 鶏肉と納豆とレタスと大根中心のサラダ:250kcal
  • プロテインSAVAS:79kcal

今日のいちいちの合計摂取カロリーは920kcalくらいです。

ここで疑問に思う人がいるかもしれません。

上記の食事のメニューについて、朝と夜にパン食ってんじゃん!と!

そう。ダイエット中にパンなどの炭水化物を多く摂取することは如何なものかと一瞬思うのも無理はないでしょう。

しかし、あなたはブランパンをご存知でしょうか?

ブランパンとは、最近ローソンなどで売られ始めている低糖質のパンのことです。

ブランとはパンを作る際に欠かせない小麦粉の外皮のことを言います。これを別名「麩 (ふすま) 」と呼ばれます。

普通のパンはこのふすまを使わず小麦の中身だけを使用して作られます。

ふすまで作られるパンは普通のパンと比べてダイエットの大敵「糖質」が非常に少ないこととして、どうしてもダイエット中に炭水化物をとりたいという人にもってこいの食品なんです。

どうしても炭水化物を取りたくなったらふすまパンを食え!

ブランパンはダイエットだけではなくとも、普通に健康にも良いとされています。

なのでブランパンのパワーはすごいもので、以下のようなメリットがあるのです。

ふすまパンのメリット

  • 普通のパンより食物繊維が9倍ほど多い。
  • 普通のパンよりカロリーが6割~7割ほど
  • 普通のパンより糖質量が約1割ほど
  • ビタミンやミネラルが豊富

出典元:ふすまパンのダイエットの効果は?【手軽に糖質制限!】

ふすまパンを食べることによって上記のメリットがあります。

食物繊維が豊富なため、腸内環境をよくしてくれる働きがあり、お通じが改善され、ぽっこりお腹も解消される可能性があります。

また、低カロリーで、もちろん低糖質なブランパンはダイエットの際は食べてもそんなに影響はないでしょうから、どうしても炭水化物を欲してしまった場合は食べていいはず!