節約は長期的に損をしている。節約のデメリットを考え、それによって節約の習慣を減らそう

節約大好きな人は貯金好きが多いように思います。

それだけではないようですが、例えば引越し資金を貯めるために、あるいは欲しいものを買うために節約する

節約の理由は人それぞれです。

しかし、節約はあまり意識しすぎると、よくないことも起きてくるのでしょう。そう思うのです。

節約には限界があることを知る

節約や倹約というのは収入からできるだけ出費せずに生活を食いつなぐことです。

誰もが知っていることです。

なぜみんな節約をそんなにしたがるかというと、費用を抑えることがお金を増やす最も手軽な方法だからですね。

お金を増やすという表現は少し語弊があると思いますが、なるべく生活の質を下げて生活し続けると言い換えてもいいかもしれません。

収入はすぐには増やせないから、出費をなるべく減らして貯金することはすぐに実践できます。なので、皆やってしまいがちになります。

しかし節約ばかりだと人生が狭くなる。行動範囲が狭くなる。このことに気づいている人もいるでしょう。

節約に盲目的になりすぎると、収入を増やすことに目がいかなくなる

果たして節約はいいことばかりなのか。

僕はあまりそうは感じていません。理由は工夫することで、ある程度カバーは可能ですが基本的に出費を減らせば生活の質は低下します。

生活の質、つまり自分の満足することがしにくくなるということです。生活に満足しなければ人生という大きな視点で考えると行動範囲が狭くなることが考えられます。

節約している人の中でよく陥りがちなのは、収入を増やすことに目がいかなくなるということです。

そのため、節約の果てには貧困格差という社会における問題の一つに足を踏み入れることにつながるという認識が必要です。

なので、いかにお金を使わないかではなく、どこにお金を費やし満足度の高い生活を送れるか。何を捨てて何を選択するか。僕らは生活の中で常に当たり前のように繰り返していることです。

節約を意識しすぎている人は、お金の増えるところにお金を使うと言う意識が必要なのかもしれません。

僕はお金持ちでもなんでもありませんが、普通の人よりお金を増やす手段を身につけている自覚でいます。

例えばブログ収入とか。起業家などのお金持ちの人はお金の増えるところにお金を使っているから金持ちなんだとよく言います。

大の節約家はその視点が欠けているのかもしれません。

今の時代、お金を増やす方法は調べればたくさん転がっています。ほら、今あなたが利用しているネットの中にもたくさん情報が落ちているのです。

アフィリエイトやクラウドソーシングサービスを利用するのもよし。副業という選択肢を選ぶという視点も考えておいていいでしょう。

関連記事