【ソーシャルメディアマーケティング】記事の適切な更新・投稿時間帯を知ってアクセスアップ


サイト運営者のみなさんはソーシャルメディアの拡散しやすい時間
帯をご存知でしょうか?その時間帯にあわせて記事を投稿・
更新することで、
世の中に拡散という形で話題になりやすくなることでしょう。
このSNSの拡散しやすい時間帯を調査したのが株式会社ユーザー
ローカルです。

ユーザーローカルによると拡散しやすい時間帯というのがソーシャルメディ
アでの種類によって違うという調査結果が出ました。
今回の調査では以下で示すように「Twitter」と「
Facebook」について調査しています。

 

【Twitter】
・朝5時前後

【Facebook】
・14時~16時

グラフ1

image

 

具体的に説明すると【Twitter】では朝5時台に記事投稿される方が他の時間帯と比べて平均で1.5倍ほど拡散されやすいことがわかりました。【Facebook】については14時~16時の時間帯が「いいね!」やシェアがされやすいそうです。

 

  記事投稿が多い時間帯

グラフ2

まず、ユーザーローカルでは一般的なサイト記事の投稿・更新される時間帯を調べました。するとタイミング的にはお昼前の時間帯、夕方の時間帯に記事が投稿•更新されることが多いという調査結果となりました

ところが、グラフ1の結果からも分かる通り、お昼前や夕方の時間帯は拡散されにくいという事実を発見できます。つまりお昼の時間帯を狙ったり、仕事や学校が終わりそうなタイミングを狙って記事を投稿•更新する作戦は機会損失につながるということです。

 

  サイトのジャンル別の拡散率

サイトジャンル毎でも拡散されやすさが違うようです。
グラフ3 

 

image

 

■女性向けサイト

→夕方以降によく拡散される傾向があるようです。Facebookにおいては19時頃に記事投稿をした方が1記事あたりの拡散数が2.5倍ほど違ったといいます。

■ビジネスサイト

→朝6時頃に拡散されやすい傾向にあるそうです。ビジネスマンは出勤前の時間帯にSNSを閲覧する人が多いのでしょうか。

 

出典サイト:http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150623_708260.html