【4/29公開映画】「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」を見てきた。やっぱりアクション映画は映画館はで見るべき。

こんにちは、GW始まりましたね。

学生は楽しいサークル活動や部活、社会人であれば有給を使ってバカンスに行ったりと、なかなか楽しい休暇を満喫している人が大半でしょう。長期休暇の過ごし方といえば、旅行にBBQ、飲み会など様々な楽しみ方があるでしょう。
しかし、お休みの過ごし方の一つで忘れてはならないのが、映画ではないでしょうか?
映画といえば映画館。どうせ見るならスクリーンはデカイほうがいい。新宿にあるTOHOシネマズに映画を見に行ってきました。
作品は4/29公開の「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」です。やっぱり映画館で見る映画は一味違いますね。しびれました。

あらすじ

簡単にあらすじをご紹介します。

民間ヒーロー団体であるニューウォリアーズは自ら爆発させる能力を持つ「ニトロ」と戦った。

その戦いの最中に、そのニトロが街中において大爆発を起こしてしまい、大勢の市民の命を奪ってしまった。それをきっかけに、市民たちはニューウォリアーズを危険な存在として認知するようになってしまう。

以前まで市民が危険にさらされそうになると自由に出動していたニューウォリアーズであったが、この事件から、アイアンマンことトニーを主導にヒーロー達は政府の管理下のもと、活動することを命じられる。しかし、そのことに納得いかず、猛反対したキャプテンアメリカことスティーブはトニーと対立してしまう。そこから、スティーブ側、トニー側とヒーロー組織は分裂し、戦いが勃発してしまう。

ざっくり言うとこんなストーリーです。
それではどこが見所なの?という人のために次に見るべきポイントを紹介します。

新しく、アントンマンとスパイダーマンが加わる!

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」を公開初日に観に行った僕が、一番の見どころをご紹介します!
まず、今までの登場ヒーローは下記のように、こんな感じでしたね。
  • アイアンマン
  • キャプテン・アメリカ
  • ブラックウィドウ
  • ホークアイ
  • スカーレット・ウィッチ
そこから今回はアントマンとスパイダーマンが仲間入りです。
アントマンといえば、超小さく変身できる、極小ヒーローです。やはり、ちっちゃいヒーローだからこそできる技?であったり、小ささゆえの戦い方がおもしろく、映画館内には笑いが起きていました。そして僕も笑っちゃいました。
top

 

 

そしてスパイダーマンも登場します!

スパイダーマンはもう誰もが知っているヒーローでしょう。

華麗に壁によじ登ったり、糸を出して、自由に空中を舞ったりとアクション豊かな戦い方をするヒーローですよね。

今回この映画ではスパイダーマンが喋りまくりで、うるさいほどでした。そんなお茶目な一面があるスパーダーマンはトニー側のチームに加わり、ヒーロー同士の戦いを繰り広げます。

まとめると、一番の見どころと言えば、このアントンマンとスパイダーマンが加わったことじゃないかと見ていて感じました。

やっぱりアクション豊富な映画はスクリーンで観るべきですね。

ちなみにですが、昨日は公開当日ということもあってなかなかチケットが取れないほど人気です。僕の場合、5時間待ちを食らった挙句、一番前の席しか空いていないという仕打ちです。一番前はあれですね、首も目線もあげなければ満足に見れないので、結構疲れました。でも途中から映画に集中できたのでなんとも思わなくなりました。

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」
オモロかったっす。

関連記事