【サテライトサイトの作り方】正しいサテライトサイトを作って本サイトの価値を高めよう


サテライトサイトによる効果

サテライトサイトを作る際はそのサイト単体でも十分に価値を見いだせるようなサイトでなければ意味がありません。そのため、本サイトと同じように作り込む必要があるので結構大変です。サテライトサイトの本来の目的は本サイトで獲得できなかったユーザー層を獲得することです。
ユーザーの欲求にはニーズとウォンツがあり、ウォンツとは例えば「1カラットの指輪が欲しい」といような定量的に表すことができるような欲求になります。

一方でよく耳にするニーズとは「指輪が欲しい」というような定性的に表された具体的ではない欲求になります。
サテライトサイトでは本サイトでは集客できなかったニーズに対する欲求を持つユーザーや潜在的なユーザーを流入させるには適した施策であるといえます。しかし、作り方を間違えると逆効果にもなりかねないのでサテライトサイトを作る際はしっかりとサイト構成を考えた上で実践したほうがいいでしょう。

 

 

決してやってはいけないサテライトサイトの作り方
あからさまな被リンク目的などの質の悪いサイトは作らないでおいてください。

 

下記で示すようなサイト作りは行わないようにしてください。

 


・本サイトへのリンクばかりで中身がないサイト
⇒被リンク目的がはっきりしすぎていてバレバレ

 

・アクセスの少ないサイト
⇒Webサイトとして価値がなく意味がない

 

・中身に魅力がなく適当につくられたサイト
⇒コンテンツが不十分

 


上記で挙げたような誰からも支持されない価値のないサイトを量産してリンクは貼らないようにしましょう。そのような行為は完璧にスパムにも値する行為になりかねません。
今日の検索エンジンは日々進化してきており、昔のような価値のないサイトからの被リンクを評価の対象とはしていません。もしそのような行為があるとしても検索エンジンは「手抜きサイトからの被リンク」であると判断できてしまいます。つまり検索エンジンの目を欺くことは昔より格段に難しくなっているといえます。したがってそんな中身のないサテライトサイトを大量に作り出すより、1つのサイトを作り込んで上質なサイトまで育てた上で本サイトに被リンクする流れの方が絶対的に有効です。

 

まとめ
正しいサテライトサイトというのはそれだけで価値があるサイトのことをいいます。そのサイトから送られる被リンクというのは非常に価値があるものとなっています。反対に決して作ってはいけないサテライトサイトというのはコンテンツが不十分な被リンク目的バレバレの手抜きサイトとなります。つまり、いつもどんな時でもサイト作りでは手を抜いてはならず、ユーザーに焦点を当てた良質なサイトを提供すべきであるということですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。